パワーアップした「強」運転で、空気の汚れもニオイも一気に集じん・脱臭

写真拡大

象印マホービンは、大風量を実現させつつも、本体サイズを抑えた空気清浄機「PA‐XA24型」を、2015年10月11日に発売する。

「パワーターボコース」を搭載

「パワーターボコース」の搭載で、花粉やPM2.5が多い日や、帰宅直後など空気の汚れが気になるときに、自動でフロントパネルが上に開き、「強」運転からさらに40%パワーアップした風量で、空気の汚れやニオイを短時間で一気に集じん・脱臭できる。

また、「ニオイ&ホコリのダブルセンサー」が感知して、空気がきれいになるまで洗浄する(運転後はフロントパネルが閉じ、以前に設定していたモードに戻る)。「パワーターボコース」は切り替え式。

集じん力の高いHEPAフィルターで、0.3マイクロメートルの微粒子を99.97%除去。二層の脱臭フィルターは、それぞれ異なるニオイ成分を吸着させるので、効率よく脱臭して、ペットやタバコ、生ゴミなどの生活臭を強力に抑える。どちらのフィルターも10年、交換不要。

自動運転は「花粉自動モード」「エコ自動モード」「おまかせモード」の3コースで、センサーが空気を見張って自動で運転を切り替える。

大風量を実現させながら本体サイズを抑えているので、リビングに置いても圧迫感のない大きさ。シンプルでスリムなデザインを実現した。

オープン価格。