くわばたりえオフィシャルブログ(左)・福田彩乃Official Websiteより

写真拡大

 9月15日に放送された『踊る踊る!さんま御殿!! 2時間SP 話題の人気女優大集合&見る目のない女涙祭』(日本テレビ系)では、多くの女優や女性タレントが出演し、放送後も物議を醸している。

 同番組初出演だった相武紗季(30)や桐谷美玲(25)をはじめ、何かと世間を騒がせている女性芸能人達が多数登場とあって、女性向け巨大掲示板などでは番組が始まるやいなや激しい実況中継がスタート。リアルタイムの感想が続々と投稿された。こうした書き込みを見ると、出演者の中でも特に3名の女性芸能人が「嫌われ者」のレッテルを貼られていることが解った。紹介していこう。

福田彩乃の勘違い…あくまで「芸人枠」の中で美人なだけ

 まずは、バイキング小峠との交際開始から破局に至るまで、終始その言動が「イタイ」と囁かれ続けた坂口杏里(24)だ。

「坂口さんはテレビに出したらダメだって…」
「目うつろだし大丈夫なのかな?」
「直視できないレベル」

 つい先日も、他番組で「今までのほんわかキャラは嘘。本当はもっとサバサバキャラ」などと自身を語っていた坂口だが、もはや批判を通り越し、心配になるほどの情緒不安定キャラになってしまったようだ。

 そして次に嫌われているのは6月に第三子を出産したくわばたりえ(39)だ。以前はブログの内容などが「共感できる」とされ、並み居るママタレント達の中でも支持率上位グループにいたはずだったが……。

「くわばたりえが始めからウザイ……」
「くわばたりえ、なんでこんな偉そうなん」
「クワバタさんの子育てトーク苦手。上からモノを言ってるように感じてしまう言い方」

 賞賛から一転、逆に“高好感度ママタレ”と自負しているかのような物言いが鼻につくようだ。3人の子持ちとなりますます子育ての自信をつけたのかもしれないが、世間との温度差が生じてきているようだ。

「出産シーンの動画を公開したあたりから共感できるママタレではなくなりましたね。それなのに“私は一般ママ達の代表です”みたいな顔されるのがちょっと……。芸人としても、もともと面白いと思っていなかったし(苦笑)」(4歳の娘をもつ都内在住の主婦・33歳)

 そして複数のネットユーザーから「この人が出てたからチャンネル変えた」とまで言わしめたのが、ものまねタレントの福田彩乃(26)である。

「福田彩乃生理的に受け付けん」
「福田彩乃のくせに前列に座ってるのが解せない。桐谷美玲の横に座ってるから益々勘違いしてそう」

 本業のものまねだけでなく、現在は各ドラマに出演し女優としても活躍している福田だが、その一方で一部週刊誌やネットニュースなどでは「まるで美人女優気取り」であると幾度も報じられている。そうした背景や、さらに今回のトークで「友人達がものまねを振ってくるのが嫌」と打ち明けたことも拍車をかけてしまったようで、「思い上がってる」との指摘が殺到した。たしかに「美人芸人」ではあるが「美人女優」を名乗るにはやや役不足な感があるかもしれない。

 同じく出演していた小林麻耶(36)や西川史子(44)など、他にも同性から嫌われそうな面々を押さえ、この3人が挙げられた理由は何か。共通しているのは「勘違い」している感ではないだろうか。どうやら「女性達から嫌われる女性芸能人」像が浮き彫りになったようである。

 (取材・文/勝山薫)