ドルトムントでは、再び“ファンタスティック4”が顔を揃えることになりそうだ【写真:Getty Images】

写真拡大

再び“ファンタスティック4”が顔を揃える

 ブンデスリーガ第5節、ドルトムントはホームでレバークーゼンと対戦する。ここまで公式戦10連勝中のドルトムントだが、相手はこれまでで最も強敵。香川真司も気を引き締めて臨む意思を示していたが、絶甲の試金石ともいえる。

----------

 ボルシア・ドルトムントにとって、絶好の試金石となりそうだ。2015年9月20日のブンデスリーガ第5節で、BVBはホームにレバークーゼンを迎える。

 レバークーゼンは4試合を終えて2勝2敗の13位に付けている。18日付の『キッカー』誌に対して、ロジャー・シュミット監督は「4試合で3ゴールは少な過ぎる」とコメントを残した。

 今夏ソン・フンミンがトッテナムに移籍し、ドルトムントからケヴィン・カンプル、マンチェスター・ユナイテッドからチチャリートを獲得するなど、レバークーゼンは攻撃陣で若干の入れ替えがあった。

 開幕時には“ファンタスティック4”がハマっていたドルトムントとは対照的に、まだメンバーの編成を模索しているところがある。

 それでもレバークーゼンがチャンピオンズリーグの出場チームであることに変わりはない。17日に行われたヨーロッパリーグのクラスノダール戦の後で、香川真司は「強い相手」と口にした。レバークーゼン戦に向けて「とてもタフな試合になると思う」と気を引き締めている。

 16日のCLバテ・ボリゾフ戦では、新戦力のカンプルとチチャリートが揃って先発出場し、レバークーゼンは4-1で快勝した。カンプルのアシストでチチャリートが1ゴールを決めている。

『キッカー』誌は「ようやく攻撃サッカーを披露する」と記した。キースリンクは「僕たちはドルトムントに、負けるために向かうことはない」と述べた。レバークーゼンはドルトムント戦に向けて、着実に準備を進めている。

 クラスノダール戦でローテーションを採用したドルトムントでは、再び“ファンタスティック4”が顔を揃えることになりそうだ。

ショートカウンターとポゼッション。対照的なスタイル

 19日付の『ビルト』紙は、レバークーゼン戦のBVBの先発予想を次のとおりとした。

【GK】ビュルキ、【DF】ギンター、ソクラティス、フンメルス、シュメルツァー、【MF】バイグル、ギュンドアン、香川、ロイス、ムヒタリヤン、【FW】オーバメヤン。

 香川真司は先発の可能性が高いと言えるだろう。クラスノダール戦では、レバークーゼンとの試合に向けてベンチスタートだったという。同様に再び先発が予想されるバイグルとともに、クオリティの高い中盤を形成するはずだ。

 今季レバークーゼンからドルトムントにやって来たゴンサロ・カストロは、『キッカー』誌のインタビューの中で、両チームのサッカーの違いについて次のように述べている。

「レバークーゼンで僕たちは、わずかなボールタッチと、直接セカンドボールに行って、4-4-2で速く前に向かってプレーした。今ドルトムントではボールポゼッションにより価値が置かれているね」

 ハノーファー戦の後では、ドルトムントについて酒井宏樹が「セカンドボールに対して3人、常にカバーリングしています」と指摘した。レバークーゼンはショートカウンターのために、ドルトムントはポゼッションのために、セカンドボールを重視するところがある。

 開幕からおよそ1ヶ月が経ち、ドルトムントのボールポゼッションという性格が明らかになるにつれて、対戦相手はカウンターで後方のスペースを突くという戦略を取り始めた。レバークーゼンはよりアグレッシブに、「速く前に向かってプレー」して来るだろう。

 6月3日の就任会見で監督トゥヘルは、バイエルン、ボルフスブルク、ボルシアMG、そしてレバークーゼンに対して「我々はチャレンジャーだ」と口にしている。

 公式戦10連勝中のドルトムントの強さは本物なのだろうか。対照的なスタイルのレバークーゼンとの「タフな試合」は、その試金石となりそうだ。

text by 本田千尋