鍋からあふれんばかりのムール貝と、フライドポテトを一緒に

写真拡大

2015年9月19日、日本初のムール&フリット専門店「Pinze Loca(ピンゼ ロカ)」が東京・三軒茶屋にオープンします。

その数50種、その量1キロ以上

「ムール&フリット」は、山盛りの蒸したムール貝とフリット(フライドポテト)のセットのことで、ムール貝の量の多さ、ソースの種類の多さがヨーロッパやアメリカをはじめ、全世界で人気となっています。

現在、国内でもムール&フリットを提供しているお店はありますが、ヨーロッパのように豊富なムール貝の量とソースの種類を用意している専門店は「ピンゼ ロカ」が初となります。

「ピンゼ ロカ」ではベルギー、フランスなどのスタイルを集約し、50種に及ぶムール&フリットをS(1キロ)、M(1.5キロ)、L(2キロ)の3サイズ提供します。また、「白ワイン蒸し」(1280円〜)、「レモン&ペッパー」(1380円〜)、「パルミジャーノチーズ」(1750円〜)「ブルーチーズソース」(1980円〜)など、ムール&フリットのSサイズはすべて1000円台とリーズナブルな価格で食べられるのも特長です。

残ったスープはリゾットやパスタとして調理してもらうこともできます。ゆっくり時間をかけて、ムール貝のおいしさを堪能してみては。

住所は、東京都世田谷区三軒茶屋1-40-14-102。営業時間は17時〜翌2時。

オープンから1ヶ月間、ムール&フリットをオーダーすると「北海道仙鳳趾産生カキ」が1つ200円で提供されるキャンペーンも開催されます。その他、詳細は公式サイトで。