ここ、日本です。まさかの「発泡スチロールでできたホテル」が美しすぎると話題に!

写真拡大

目の前に広がるのは、白いドーム状の建物が密集した、なんともノスタルジックな空間。一見するとヨーロッパのどこかに思えますが、実はコレ、日本の風景って信じられますか?

全景_R

この“村”の正体は、和歌山県にあるリゾート型宿泊施設「とれとれヴィレッジ」。一歩足を踏み入れた瞬間に味わえる“異国情緒”はもちろんのこと、「発泡スチロール製ホテル」としても注目度急上昇中なのです。

TR_0765_R

ヴィレッジ内には、「メルヘンゾーン」と「ファンタジックゾーン」の二種類のエリアが存在。前者には、禁煙ルームと喫煙ルームがあり、中にはペットの犬とも一緒に宿泊可能な部屋も。後者は、アトピーやぜんそく気味の人でも安心の珪藻土塗装を施した、全室禁煙ルームになっています。

t-village120731-2_RTR_0798_R

施設の大きな特徴は、一つとして同じ内装の部屋がない点。何度宿泊しても飽きない工夫が、しっかりとなされています。

TR_0819_Rt-village120731-1_R

近隣施設が充実していることも、人気のポイントでしょう。温浴施設「とれとれの湯」や海鮮バイキングレストランに加えて、西日本最大級の海鮮マーケットだってすぐそば。このエリアだけで、一日を通して楽しめるはずです。

夜景_R

そんな「とれとれヴィレッジ」は、利用者にさまざまな宿泊プランを用意している模様。家族、グループ、そしてカップルと、好みに合わせたプランで、“非日常”を満喫してみては?

Licensed material used with permission by とれとれヴィレッジ