『パシフィック・リム2』続報。デル・トロ監督「延期はするが中止じゃない」

写真拡大

クランクイン直前に延期された映画『パシフィック・リム2』の続報です。ギレルモ・デル・トロ監督が『パシフィック・リム2』の制作はまだ進行中だと公にコメントしました。とはいえ、11月の撮影開始が延期となることも認めており、現在は脚本と予算の承認を得るために作業中だとしています。
 
 
  
デル・トロ監督はエンタメニュースサイト Entertainment Weekly に対して、「『パシフィック・リム2』が私の次回作になるかはわからない」と前置きしたうえで、制作は進んでいると明言しました。「むこう3週間のあいだに脚本と予算申請を提出すれば、続けるかどうか決定がなされるだろう。少なくとも今の段階では企画は生きている」と説明します。

しかし一方で、撮影開始が一時延期になったことも認めています。期限は定まっておらず、監督は「延期している間に別の作品を1本撮るかもしれない」としています。

監督の話をまとめると現時点で『パシフィック・リム2』の企画は進行している

制作は延期されるが、どれぐらい延びるのかはわからない

制作が延期されている間に他の作品を撮影するかもしれない

現在は脚本と予算を詰めているところで、3週間以内に承認されるかどうかが決まる

なお現時点で配給元のユニバーサル・ピクチャーズおよび製作会社レジェンダリー・ピクチャーズは、この件についてコメントを出していません。したがって監督は延期を認めているものの、『パシフィック・リム2』の公式な公開予定はいまだ2017年8月のままです。

蛇足ですが、ギレルモ・デル・トロ監督は9月17日、公式のツイッターアカウントを開設しました。記事執筆時点ではツイート数は"2"。最新のツイートでは米国で10月16日に公開の『クリムゾン・ピーク』についてツイートしています。

 


・映画『パシフィック・リム2』の制作が無期限延期、クランクイン直前の急展開