多嚢胞性卵巣症候群でも適切な治療で出産も wavebreakmedia/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 先日、女優の大和田美帆さんが第一子を出産した。大和田さんといえば、父は俳優の大和田獏さん、母は女優の岡江久美子さんという芸能一家。

 そんな大和田さんは、妊娠が判明する1年ほど前に、医師から「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」(PCOS)との診断を受けていたという。この病態は、月経不順や不妊症の原因になるといわれているため、大和田さんが未完治の状態で妊娠したことは「奇跡的」と担当医は述べているという。

 あまり聞きなれない「多嚢胞性卵巣症候群」だが、国内でこれに悩んでいる女性はどれだけいるのだろうか? また基本的な症状、治療法などを見てみよう。
 
卵胞が作られにくくなる

 多嚢胞性卵巣症候群は、国内の生殖年齢女性の6〜10%に起きている。不妊の原因となる病気のなかでも主要な病気だ。

 多嚢胞性卵巣症候群と診断されるのは、「月経異常」「多嚢胞性卵巣」「血中男性ホルモン高値、または LH基礎値高値かつFSH基礎値正常」の3項目をすべて満たした場合のみ。この基準は、日本産科婦人科学会によって設けられたもので、全国の生殖内分泌の主要診療施設に対して行ったアンケート調査に基づいている。

 主な症状と検査結果を集めた結果、全体の8割以上の頻度で出現する項目を抽出した。1993年に初めて基準が設けられて以来、改訂が重ねられ、2007年には現在の3つの基準に落ち着いた。

 3項目のひとつ、「多嚢胞性卵巣」の基準は、超音波断層検査で両側の卵巣に多数の「小卵胞」がみられ、少なくとも一方の卵巣で小卵胞(2〜9mm)が10個以上存在することだ。卵胞の発育が遅く、排卵されにくい状態にある。

 また、日本では、肥満や多毛などが起きる「血中男性ホルモン高値」については約2割程度で、ほとんどの場合、「LH基礎値高値かつFSH基礎値正常」と診断されることが多いという。

 LHとは黄体化ホルモンのことで、卵胞刺激ホルモンFSHと共に働き、卵巣を刺激して卵胞を発育・成熟させたり、排卵させたりする。どちらも脳の下垂体から分泌されるホルモンで、排卵に重要な役割を果たす。

 多嚢胞性卵巣症候群そのものの原因は、はっきり分かっていない。だが、これらの複数の要因が重なり、卵胞が作られにくくなる病態といえる。卵胞が正常に作られないことで月経異常をきたし、当然、妊娠しづらくなる。

妊娠したのは奇跡的?

 多嚢胞性卵巣症候群を患った大和田さんが、無事に妊娠・出産を遂げたのは、本当に「奇跡的」なことだろうか。ポートサイド女性総合クリニックビバリータの院長の清水なほみ医師に、実状について伺った。

 「多嚢胞性卵巣症候群は、排卵がうまく行きにくくなる病気。妊娠の希望がある場合は、排卵障害を改善するための治療を行います。主に飲み薬で排卵誘発を行いますが、卵胞の育ちが良くない場合には、注射を打つこともあります」

 「大和田さんが妊娠できたのは、きっと治療の効果があったのでしょう。程度によっては"奇跡的"かもしれませんが、多嚢胞性卵巣症候群でも多くの方が妊娠されています。適切な治療を受けて、"妊娠できるカラダ"に改善していけば、十分妊娠の見込みはあります」(清水医師)

 大和田さんは自身のブログで、医療機関での治療と並行して「冷え対策」「運動」「イソフラボン摂取」「早寝早起き」など、体質改善に努めたことを綴っている。

 多嚢胞性卵巣症候群であっても、適切な治療と生活習慣の改善で、妊娠しやすいカラダづくりはできる。大和田さんのように、コツコツと治療と日々の努力で妊娠・出産できたケースは、同じような悩みを持つ人にとって希望のひとつになるのかもしれない。
(文=編集部)