ステキな香りがあると、心がゆったりとして、いつもよりリラックスできるような気がしませんか?

香りは自律神経に影響を与えて、交感神経と副交感神経のどちらかを優位にする働きがあります。交感神経を優位にする香りなら、覚醒作用があるので気分はリフレッシュ。副交感神経を優位にする香りなら、鎮静作用でリラックスすることができます。西洋では古くから香りを薬として用いることも多かったのですが、今ではアロマやハーブを利用することで、手軽に楽しむことができるようになりました。ここでは、リラックス効果の高い香りをご紹介します。

ストレス解消に使える鎮静作用が高い香り5選

鎮静作用が高い香りは、副交感神経を優位にしてリラックスする効果があります。ストレスを感じた時は、これらの香りを使ってみましょう。

ラベンダー

シソ科の植物ラベンダーは甘くフローラルな香りが特徴で、アロマ初心者にもおススメです。精神的な不安感がある時は、寝る前にラベンダーの香りを使えば、緊張感を取り除き安眠できます。頭痛や筋肉痛など体の痛みを取る効果もあります。

ローズ

華やかなバラの香りのローズは女性におススメです。バラの花50本からできるローズのアロマはたった1滴だけというとても貴重なアロマです。生理前のイライラ解消に効果的。他人に対する嫉妬心などを消し、心に温もりを満たす精神的な効果もあります。

カモミール

心を鎮めてくれる代表的なアロマがカモミールです。カモミールはキク科の植物ですが、その香りはリンゴに良く似ています。そのため、子どもから大人まで幅広く人気があるアロマです。カモミールのハーブを寝る前に飲めば、ぐっすり眠れてストレスの解消になります。

イランイラン

エキゾチックな甘い香りが特徴のアロマです。催淫効果があるとも言われ、アドレナリンの分泌を抑えて幸福感をもたらす作用があります。皮脂の分泌を整える効果もあるので、乾燥肌の方だけでなく脂性肌の方にも効果的。女性らしさを楽しむためにうってつけの香りです。

オレンジスイート

オレンジのフレッシュな香りで、年齢を問わず人気があるアロマです。オレンジスイートの特徴はリラックス効果とリフレッシュ効果の両方があること。落ち込んだ気持ちを和らげて、前向きに進みたい時に使うと効果的です。柑橘系のアロマには殺菌作用があるので、風邪の予防にも使えます。

リラックス効果のあるアロマをご紹介しました。香りは人によって好みがあり、自分が心地よく感じられるものを使うのが一番です。ぜひ、自分だけの香りを見つけて、リラックスしてくださいね。


writer:岩田かほり