建築の未来をテクノロジーの歴史に読む──異彩の建築史家マリオ・カルポの「真価」

写真拡大

10月13日に開催する「WIRED CITY 2015」に登壇する建築史家、マリオ・カルポ。ルネサンス時代の建築を専門としながら、現代のデジタルテクノロジーまでを視野に入れ、研究・執筆を行う彼の思考は、現代の建築に、テック業界にかかわるすべての人に、いかなる示唆を与えてくれるのか。2011年に彼が著した『アルファベット そして アルゴリズム』を翻訳した美濃部幸郎に、同じくカンファレンスに登壇するnoiz豊田啓介が訊いた。

「建築の未来をテクノロジーの歴史に読む──異彩の建築史家マリオ・カルポの「真価」」の写真・リンク付きの記事はこちら
『アルファベット そして アルゴリズム:表記法による建築──ルネサンスからデジタル革命へ』
マリオ・カルポ・著 美濃部幸郎・訳 鹿島出版会刊
「WIRED CITY 2015」に登壇する建築史家、マリオ・カルポの著書。建築の変遷と未来を、その表記法の発展に着目して綴る。ルネサンス時代から現代に至るまでのテクノロジー史に照らし合わせて建築の変容をひも解いた、類を見ない1冊である。
マリオ・カルポ登壇!「ビッグデータの建築デザイン」
未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、“都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

異彩の建築史家、マリオ・カルポの「デジタル・ターン」

豊田啓介(以下、豊田) マリオ・カルポ先生は日本ではあまり名を知られていない方だと思いますが、どのような活動をされてきた方なんでしょうか?

美濃部幸郎(以下、美濃部) カルポ先生はイタリアのご出身で、ルネサンス建築が専門の建築史家です。ただし、建築史へのアプローチがとても独特で、建築のノーテーション、つまり図面などの表記法をテーマに研究をされています。ルネサンス時代から現代に至るまで建築のノーテーションがどのように変わり、それが建築にどう影響を与えてきたのかを研究されています。

豊田 今回の話のテーマとなる書籍『アルファベット そして アルゴリズム』は彼の前作の続編ともいえるそうですが、前著『Architecture in the Age of Printing(印刷時代の建築)』はどのような内容だったのでしょうか?

美濃部 前著はルネサンス建築を扱ったもので、当時の建築が「印刷された本」を介していかに世界に伝播していったのか、そしてそれがいかに革命的で、建築にどのような影響を与えてきたのかについて詳述しています。現代のわたしたちにとっては当たり前に思えますが、印刷テクノロジーによって情報が世界に伝播するということは、ルネサンス以降の近代の建築にとって革命的なことだったのです。

豊田 つまりルネサンス時代に、建築以外の分野のイノヴェイション、特に新しい情報伝達手段が建築に革命を起こしたということですよね。それが今作と繋がっているというのはどういうことなのでしょうか?

美濃部 一言で言えば、前著で綴った「印刷によって起きた革命」がいま、デジタルテクノロジーによって再び起きようとしているということです。そのような歴史の大局をとらえ、ルネサンス時代の活版印刷から現代までのテクノロジーの進化が建築の世界においてどのような変容を与えてきたのかを伝えているのが、この『アルファベット そして アルゴリズム』なのです。

豊田 なるほど。あらためて『アルファベット そして アルゴリズム』で語られている概要を簡単に説明していただけますか?

美濃部 この本では、デザインや建築の分野において、デジタルテクノロジーがどのような役割を果たしているのかを検証しています。例えば建築においては、これまでは図面によって情報が伝えられていましたが、それがアルゴリズム、あるいはソフトウェアやプログラムに替わっていこうとしています。

ルネサンスから20世紀まで、カルポ先生が言うところの「近代」が建築にとってどういう時代だったのかというと、「建築家」という原作者が考えたアイデアの「コピー」として建築物を生み出す方法が、入念につくり出されてきた時代だと彼は説きます。一般的なプロダクトに関していえば、産業革命以降、同じ形のものが大量生産されて地球全体に行きわたるようになりましたが、建築においても原型を同一としたコピーが広く行きわたる時代だったのです。

豊田 それが21世紀に入って変わってきたと。

美濃部 その通りです。デジタルテクノロジーの強みは同一なコピーをつくることではなく、いくらでも変化していくヴァリエーションを生み出す「元」をつくることができるようになったこと。その元になるのが「アルゴリズム」であり、たくさんのヴァリエーションをつくれるようになれば、これからの時代においては原型のコピーをつくることはもはや意味がなくなってくる、というのがカルポ先生の考えです。

その結果、“建築家の原作者性”というものも変化していきます。近代においては、建築家は原型の図面を描くことによって建築物の原作者たりえたわけですが、デジタル時代においては、実際にできる建築物はただのアルゴリズムによるヴァリエーションでしかありません。そのアルゴリズムをつくった人こそが原作者になるわけです。

建築家が実際にモノとして出来上がる建築物に携わることによって原作者と見なされることは難しくなってくるだろう、と彼は書いています。したがってこれからの建築家は、実際のオブジェクトをつくるという二次的な役割を果たすか、それともヴァリエーションを生み出すようなシステムを考える仕事をするか、そのどちらかの道を選ばなくてはいけないとカルポ先生は問いかけているのです。

豊田 デジタル時代の帰結として、いわゆる建築界の巨匠、“ザ・ビッグネーム・アーキテクト”といったいまの建築家像が変わっていくということですよね。カルポ先生は、ルネサンス時代にも同じようなことを建築界や社会が経験していて、それがいま繰り返しているとも書いています。その辺りの論考がやはり歴史家ならではのものだなと思うのですが、彼は具体的に、500年前といまとをどのように対比されているのでしょうか?

美濃部 カルポ先生は、例えば3Dプリンターのようなコンピューターによるモノづくりのあり方が、石を一つひとつ職人さんが切り出していた中世時代のハンドメイドのあり方にすごく似ているとおっしゃっています。このようにデジタルテクノロジーの発展が実際のモノづくりに影響を与えていることを彼は非常にポジティヴに考えていて、それをルネサンス以前の「中世の時代にターンする」ことだと言っています。

本書の副題には「デジタル革命」と付けましたが、もともとの英語では「digital turn」と表現されている。つまり彼は、デジタルテクノロジーによって、モノづくりのあり方が近代から中世にターンしているのではないかと考えているのです。

中世に行われた手づくりできめの細かいモノづくりが近代の産業化によって失われてしまったという意見がある一方で、カルポ先生は、デジタルテクノロジーによって再び中世のモノづくりのよさが取り戻されると考えているのです。


マリオ・カルポ|MARIO CARPO
ロンドン大学バートレット建築スクール教授(建築史)。建築理論を、文化史やメディア・情報テクノロジーの歴史との関係に焦点を当てて研究・執筆を行っている。著書『Architecture in the Age of Printing』(2001)は数カ国語に翻訳されている。近年の著作には『アルファベット そして アルゴリズム:表記法による建築──ルネサンスからデジタル革命へ』(2011)や『The Digital Turn in Architecture 1992-2012: AD Reader』がある。

TAG

ArchitectureCityHistoryPeopleIndexTechnologyWIRED CITYWIRED Conference

豊田啓介|KEISUKE TOYODA
東京大学工学部建築学科卒業。安藤忠雄建築研究所を経て、コロンビア大学建築学部修士課程修了。アメリカのSHoP Architectsを経て、2007年より東京と台北をベースに建築デザイン事務所noizを蔡佳萱と共同主宰。コンピューテーショナルデザインを積極的に取り入れた制作・研究活動を、プロダクトから都市まで分野を横断しながら展開している。
http://www.noizarchitects.com/

美濃部幸郎|YUKIO MINOBE
一級建築士、博士(工学)。美濃部幸郎アトリエにて、自然のかたちと、コンピュータによる人工物のデザインの関係を追求する。共著書に『マテリアライジング・デコーディング 情報と物質とそのあいだ』がある。
http://architecturalecologies.com/

「未来の視点」と「分野の融合」

豊田 カルポ先生が言うようにアルゴリズムのようなとらえどころのないものが作家性を表すものになっていくと、かつてのビッグネーム・アーキテクトと呼ばれる建築家像とは異なり、圧倒的に強い専門性をもちながら全然違う分野にも関心をもって、これまでではありえなかったような複数の焦点の間の関係性、組み合わせに自分自身の特殊性や立ち位置をつくっていくというあり方がこれからの建築家には求められるとぼくは考えています。建築家もデジタルテクノロジーというプラットフォームの上に建築以外の専門性を1つや2つもつことで、オリジナリティを築くことが必須になっていくのではないでしょうか。

美濃部 そうですね。この本の問題意識は建築に限らず、絵画でもプロダクトデザインでも、「情報の伝え方が変わるだけでモノづくりの歴史が変わる」ということです。だから、建築を専門とする人でなくても手にとってほしい本だと思います。

ゲームやソフトウェアをつくっている方は、日常的にコンピューターを使うことをしっかり学んできているでしょう。しかし日本の建築教育では、設計にコンピューターを取り入れることをなぜか意識的に避けていて、建築は日本のガラパゴス化の最たるものになってしまっています。もしかしたら建築よりも、ゲームやウェブデザインなどの分野の方のほうが、カルポ先生の考えに納得する人が多いのではないかとも思います。

豊田 この本は「情報としてのデザイン」と「実際にできた建築物」と「その間に入っているメディウム」とを明確に分離して扱っていて、それぞれの意味を考えましょうというメッセージも込められていますよね。そしてカルポ先生は、それらを考えることで建築がどう変わっていくのかを論じている。そのような建築の理論書はこれまでになかったですよね。

美濃部 なかったですね。建築の世界でそのような考え方をしている人は、他にはなかなかいないでしょう。しかしその考え自体は、1990年代に建築におけるデジタルデザインの実験が行われるなかで、先駆的な仕事をした人が見出したものだと彼は語っています。本書でのカルポ先生の解説によって、1990年代に革新的な役割を果たした建築家の仕事の意味が、ようやく明確になったといえると思います。

豊田 20世紀初頭のモダニズムが20年・30年後に評価されたように、いま差し掛かっている時代の変革期というのも、その本当の評価をいま客観的に把握することは難しいと思うんです。しかしカルポ先生は、数十年先の未来から客観的にいまをとらえることのできる視点をもっている。歴史の大局からいまの時代を分析的に見ることができるのが、彼のすごいところだろうと感じています。

そのような“未来の視点”に立ったとき、これからの建築にはどのようなことが起きてくると美濃部さんはお考えですか?

美濃部 20世紀初頭のモダニズムは建築だけではなく、プロダクトデザインも絵画も彫刻も舞台芸術も広告デザインも、すべてを含めた革命的な変化でした。モノづくりに用いるメディアの変化によって、多くの分野が共鳴し合いながら革命が起きたということです。そしていまのデジタルテクノロジーによるイノヴェイションでも、同じような共鳴が起こるべきだと考えています。

例えばゲームをつくることが建築や小説に影響を与えるというように、自分の仕事を他の分野と融合させることのできる大きな視座をもつことが大切です。とくに、コンピューターというのはあらゆる情報をフラットに扱うことのできる装置なので、他の分野の成果を自分の領域に取り入れることがかつてに比べたら容易になってきている。コンピューターがなかったらできなかったような分野の融合というのが、どんどん起こっていくべきだと思います。

豊田 専門性のあり方の変化があらゆるところに広がっている、というのは間違いないですよね。今回のカンファレンス「WIRED CITY 2015」でも、ゲームや映画の世界で活躍する人たちのものの見方や考え方が、建築を一歩進めるために必要なのではないかということをぼくも紹介したいと考えています。

美濃部 例えば、いまグーグルは自動運転の分野で自動車の世界に参入しています。それと同じように、グーグルのような企業が建築やプロダクトデザインの世界に入ってきても全然おかしくない時代が来ていると思います。

豊田 逆に言えばそれば、CGやプログラミングのスキルや考え方をもっている人が建築界に入ってくれば、まだ誰も手を付けてない未開の荒野に踏み出せるということですよね。

美濃部 はい、建築を勉強した人が映画やCG業界に就職する事例は多いけれど、その逆はなかなかないですよね。コンピューター上でデザインをすることは、建築の人より映画やゲームをつくっている人の方が圧倒的に強いわけです。そうした技術をもった人が建築の世界に入ってくれば、もっと新しい建築が生まれていくでしょう。

豊田啓介登壇!
未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、“都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

ArchitectureCityHistoryPeopleIndexTechnologyWIRED CITYWIRED Conference

マリオ・カルポのカンファレンスでの講演タイトルは「ビッグデータと建築デザイン」。ビッグデータを扱うことを可能にした現代のテクノロジーは、建築を、都市づくりを、いかに変えていくのか?
City buildings project, 3d wireframe print, design. Architecture, urban plan, real estate industry from Shutterstock

日本の思想と「集合知」のデザイン

豊田 日本の場合、建築教育のなかではデジタルテクノロジーに対する拒絶感のようなものがあると思うのですが、カルポ先生も『アルファベット そして アルゴリズム』の日本版の前書きで、日本の特殊性のようなものに言及されていました。

美濃部 ヨーロッパやアメリカにおける建築家の社会における地位と、日本における建築家の地位はまったく違うので、建築家像の変化を同じようにとらえることは難しいのではないかと彼は指摘しています。日本は、明治維新以降ヨーロッパを、そして第二次大戦後はアメリカをフォローするかたちで進んできた国です。しかしここでカルポ先生が指摘してるのは、日本はヨーロッパ特有のヒューマニズム、人間を中心とした一元的な思想とは異なる、宗教でいえば自然の万物に宿る八百万の神のような多元的な思想をもっているということだとわたしは思っています。

コンピューターが建築デザインの世界に入ってくることでさまざまなところに中心ができ、たくさんの人が参加し合うことによってモノが生み出される世界がヨーロッパにできてくるだろう、とカルポ先生は言っています。しかしもともと多元化された思想をもつ日本では、コンピューターの需要のされ方がヨーロッパとは違うのではないかと彼は同時に示唆している。本書を訳したとき、日本版の前書きを最初に読むものとして、わたしはそのことをまるで自分に問いかけられたような気がしました。日本や東アジアでデジタルテクノロジーがどう使われていくべきなのかを、わたしたちはこれから考えていかなければならないと思っています。

豊田 デジタルテクノロジーが可能にしつつあるのは、「集合知」や「郡知性」のようなものをデザインすることだと思います。いままでの建築家やデザイナーが、個人のクリエイティヴィティでモノをつくることを長年やってきたなかで、いま、まったく新しいデザインの手法として集合知をどう扱うべきか、郡知性をどうコントロールするべきかという問いが出てきました。それらを扱うための感覚や常識の変化が、デジタル時代のいま起こりつつあるような気がします。

美濃部 そうですね。でも近代建築の歴史のなかでも、モダニズム建築を反省していく過程で、1970年代にはコミュニティに根ざしたソーシャルな建築デザインが、また1980年代には歴史的に積み重なってきた情報をいかに取り出していくかということが実践されてきました。したがって集合知によるデザインは、建築にとってまったく新しいものではありません。以前にもトライしたことを、新たな視点で見直すことが求められているのだと思います。

豊田 なるほど。本書のなかでも、かつてやろうとしたものの技術が追いつかなかった例が出てきますよね。例えばルネサンス時代の建築家が、現在のデジタルテクノロジーをもっていたら情報をどう扱えたかを考えるような。

本書が書かれてから4〜5年経つ間に、テクノロジーも社会環境も進化をし続けています。それにともなってカルポ先生の建築に対する考え方がどう変わってきたのか、そして日本における建築のあり方をいかにとらえているのかということも、カンファレンスで直接聴けるのが楽しみです。

未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、“都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

ArchitectureCityHistoryPeopleIndexTechnologyWIRED CITYWIRED Conference