悲願の2勝目へチャンス!最終日で逆転なるか?(撮影:ALBA)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 2日目◇19日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,374ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『マンシングウェアレディース東海クラシック』は2日目の競技が終了。初日は久々の好プレーで2打差の3位タイにつけた森田理香子。自身も「久しぶりに楽しかった」と語っていた。しかし、この日は3バーディ・2ボギーの“71”と伸び悩みトータル5アンダーで8位タイに後退。それでも首位とは3打差の射程圏内、最終日では逆転を狙う。
大会2日目をフォトギャラリーで振り返る!
 一方、森田と並び3位タイからスタートした木戸愛は、5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。3つ伸ばし首位と1打差の7アンダー、悲願の2勝目へ好位置につけた。
 また、去年プロになったばかりだが、現在賞金ランキング22位と躍進中の永峰咲希。初日はやや出遅れたが、2日目では“68”で4つ伸ばし8位タイに浮上、今大会も上位で最終日に臨むこととなった。
以下、選手のコメントを掲載。
森田理香子(-5・8位T)
「今日はラフが多かったので、バーディチャンスに付けられなかった。良いショットもラフに行ったり…。その中でバーディが先週に比べ獲れているので良かった。良い感触のショットも含め、明日もあるので、その感触を忘れないようにやっていきたい」。
木戸愛(-7・3位T)
「何を思って挑むかがすごく大事なところでした。今日の私は『目の前の一打」なので、それを最後までやりきることが出来ました。あと18ホール頑張ります」。(優勝のチャンスだが)「考えません(笑)。目の前の一打に集中して、自分を信じて頑張りたいです」。
永峰咲希(-5・8位T)
(ノーボギーのラウンドだったけど)「前半ちょっとラッキーなパーパットがあって。それで勢いを止めずにいけたと思います。今日のショットの調子なら良いスコアだと思います」。(横峯さくら、宮里美香とのペアリングだったが)「あまり緊張しませんでした、スイングとか風の中での回り方とか勉強させてもらいました」。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】
女子メジャー2戦目『日本女子プロ選手権』の写真をUP!写真館