Doctors Me(ドクターズミー)- 意外なことも負担になっている!?犬のストレスポイント

写真拡大

人間と同様に犬も日々の生活の中でストレスを感じることがあります。飼い主さんに分かりやすいストレスもあるでしょうし、「え?これもストレスになるの?」と思われるものもあるかもしれません。今回は、おうちの中でも感じてしまう可能性のあるストレスについてお話します。

犬の5大ストレス

1:かまいすぎ
飼い主さんが大好きな犬だって、ひとり静かにまどろんだり眠ったりしたい時もあります。そんな時に飼い主の気分でかまうのは、ほどほどにしましょう。かまいすぎが犬のストレスになる場合もあります。

2:外が丸見え
家の中から外の景色を見るのが好きな犬もたくさんいます。でももし、外を人や他の犬が通るたびに警戒や威嚇して吠えるようでしたら、犬は家の中で常に緊張状態にあるかもしれません。外が見えないようにして、警戒や威嚇をする必要のないようにしてあげましょう。

3:雷や花火の音
雷や花火の音を怖がる犬も多くいます。飼い主さんにはその音をどうすることもできませんが、怖がっている犬のストレスを減らしてあげるためには、「怖くないよ。大丈夫だよ」と同情してなでるのではなく、ふせをさせて「待て」や「ハウス」など、その子が知っているある場所にとどまる命令を出しましょう。命令されることで犬にはやることができ、怖くてどうして良いかわからないというストレス状態から抜け出すことができます。

4:家の中で飼い主の後をついてまわる
飼い主さんの後をついてまわったり、常に視線をむけてくれる犬は、飼い主さんが大好きでとても言うことを聞くいい子のように見えますが、この「監視」状態を家の中で許していると、留守番、つまり犬が飼い主さんを監視できない状態になった時にそれをストレスに感じるようになる犬もいます。家の中でも犬が飼い主さんを気にすることなく過ごせるようにしておきましょう。

5:安心して眠れる適度なスペースがない
安心できる場所にいる犬は、散歩や遊びの時間以外には寝て過ごすことが多いものです。しかし外からの騒音が多かったり、子どもにいじられたり、家の中に決まった寝床がないと、犬が安心して休めずストレスを感じやすくなってしまいます。犬はもともと穴を掘ったり洞窟などを利用した寝床を持つ動物ですので、広すぎないその子だけの静かなスペースがあると、そこで安心してくつろぐことができます。ぜひ、誰にも邪魔されないそのような場所を確保してあげましょう。

獣医師からのアドバイス

いかがでしたか?意外なことが、犬のストレスになっていることが、こんなにもあるのです。住居環境などは人間目線になりがちですが、ぜひ犬の気持ち、目線を意識した空間を作りつつ、犬との適切なコミュニケーションを心がけるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 獣医師)