DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】

写真拡大

打線が阪神能見を攻略、優勝を争う阪神に連勝

 DeNAの筒香嘉智外野手が19日の阪神戦で相手先発能見から逆転の3ランを放ち、チームを7-5の勝利に導いた。この日、スタメンで4号ソロを含む2打数2安打2打点2四球と活躍した嶺井博希捕手とともにお立ち台に上がり、満員に埋め尽くされたファンの前で勝利を報告した。

 2点ビハインドの3回、1死一、二塁。筒香は阪神先発能見のインコースの直球を捉え、打球を右翼スタンドに叩き込んだ。

「最近全然打てていなかったので、絶対打つという強い気持ちを持って打席に入りました。打ててよかったです」

 この試合が始まるまで13試合ホームランから遠ざかっていた主砲は、逆転の一発をこう振り返った。

 これで2年連続の20号となったことに関しては「やっぱり自分の数字を追っかけるよりもチームの方が大事なので、これからも勝ちに貢献できるようがんばります」。チームを主将としても引っ張る主砲は、勝利へ貢献する意識を強調した。

 チームは残り試合も少なくなってきたが、ここに来て優勝を争う阪神に連勝。筒香は「本当にいつも応援ありがとうございます。最後の最後まで全力で目の前の試合を戦っていきます」と全力プレーを誓うと、同じくお立ち台に上がった嶺井も「まだまだこの7連戦勝っていきます」と意気込みを見せ、連休で詰め掛けるファンを喜ばせていた。