「ダイヤモンドダイニング」創業社長の松村厚久氏

写真拡大 (全2枚)

 奇跡の100店舗100業態を達成、食とエンタメの融合など情熱と才気で業界を革新し続ける「ダイヤモンドダイニング」創業社長の松村厚久氏(48才)。今年7月には東証一部上場を成し遂げたが、熱狂的に働き続けながら、密かに過酷な病と闘っていた。ノンフィクション『熱狂宣言』(小松成美著、幻冬舎)で若年性パーキンソン病を告白した松村氏に、病にも屈さぬ強い精神力はどこからくるのか、「熱狂」し続ける理由を聞いた。

――何があろうと屈せず熱狂し続けるが持論の松村社長にとって、「熱狂」の原動力となっているものとは?

松村:やっぱり病気になってからですね。1日1日が大事。だから1日を忘れずに、熱狂的に過ごしたいなと思います。病気をしてから、それがより鮮明になりました。

――今回本を出されたのは、病気を公にするためだったのでしょうか?

松村:最終的にはそうですね。もともと出版のオファーはすごくあったんです。でも僕は、好きな作家である小松成美さんと村上龍さん、どちらかが書いてくれる時が来るまでは出さないと決めていました。

――勇気がいることだと思いますが、病気を公表した理由とは?

松村:病気が進行してしまい、隠しきれなくなってしまったんです。打ち明けた理由のひとつは、ダイヤモンドダイニングを応援してくれた人たちに何も話していなかったためです。応援してくださった先輩や仲間、ステークスホルダーの方々、本来ならばひとりひとりの元へ僕が行って、「こういう病気になりましたすみません」と話をしなければいけないのに、そうすることができなかったことと、もう一点は、今まで黙っていたことが申し訳なかった。つらかったのは、仕事をしていく上で人に迷惑をかけることです。気づいてはいたでしょうけど、病気のことは家族以外、社内の人間にも全員に黙っていましたから。

――これまで、病気を一切打ち明けなかったのはなぜでしょうか?

松村:病気だとわかって、特別扱いされるのが一番嫌なんです。もちろん体が自由に動かないなど、ハンデはありますけど、僕は一切、障害者手帳を持たないし、申請もするつもりはありません。気持ちは普段と変わらず健常者のままです。ですから車いすも病院では義務的に乗せられてしまいますが、それ以外のところでは絶対に乗らないです。

――病気との闘いにも必ず勝利するという、その強さはどうしたら持てるのでしょうか?

松村:弱音を言っても治らないですから。仕事をやっている上で、弱音を吐いたり人に頼りだしたら、全てになし崩しになってしまいますよね。それに、なぜ僕が…とよく考えますが、病気になったのは絶対に意味があるはずなんです。神様は超えられない試練を与えるわけがないですから。家族にその病気がいたらわかりますが誰一人いませんし、なおかつ希少な若年での発症ですから。大学病院の先生も、診たのは僕を含め二人目と言っていました。

――その前向きで不屈の姿勢に「勇気をもらった」との声は多くあります。行動できない人や、今どきの醒めた人たちに向けた“熱狂のススメ”とは?

松村:そういう方々よりも、僕と同じ病気で苦しむ人や難病に苦しむ人が、少しでも希望を持てたらいいなという思いはあります。僕の後輩が若くしてがんになってしまい、余命を宣告されたんです。彼の方が遥かに厳しい。でもそいつがね、松村さんの本に勇気づけられたって言ってくれたんです。友達から何か励ましのコメントを書いてやってと言われたけど、言葉が出ないですよね。僕は病気ですけど生きていられるわけですから…。

 行動できない人たちに向けて伝えたいことは、想いは必ず叶うということですね。僕は全て叶っていますから。会いたい人にも、会いたいと言い続けて会えています。小松成美さんに書いてほしい。幻冬舎から出したい。全部想いは叶いました。

――今、熱くなることを冷ややかに見る風潮があると思います。醒めた若者や中年に伝えたいこととは?

松村:そういう風潮があっても気にしないです。僕らは関係なくやっていますから。暑苦しいのが好きです。だからみんなを巻き込むために、会社ではいかなる小さい飲み会でもパーティーでも、どこでも最後は肩を組んで「栄光の架け橋」を歌うのが恒例です。年齢も立場も関係なく、そこにいる他社の人も、偉い人も全員で肩組んで。やってみると“結構いいかも”という表情に変わるんですよ。楽しいです。かといって、宗教チックになるのは嫌なので、そこは気をつけています。

 ゼットンの稲本(健一社長)と、デザイナーの森田恭通と3人で作った六本木の店舗『1967』のキャッチコピーは「もっと遊べ、大人たち」といいますが、大人に言いたいことは、もう本当に「もっと遊べ、大人たち」ですね。若者には、もうひとつのモットー、「夢は大きく有言実行」でしょうか。

――夢は大きく、ですね。いい訳をつけて行動しない人は多いと思いますが…

松村:1店舗目を作り、2年目に株式会社ダイヤモンドダイニングに社名を変えて会議をした時に、3店舗になったら組織になる。これを5年以内にしようとその時点の最大目標を据えました。ところが、結果的に5年後は、50店舗まで広げていたんですよ。要するに、人間の可能性は無限大なわけです。勝手に「限界」と決めてしまうのは、弱い自分自身なんです。

――病気を公表したことによるマイナスの影響はありましたか?

松村:株主の方や投資家の方々に、創業社長が病気を抱えているのは大きなリスク、などの意見を持たれるのではといろいろなことを想定していたのですが、そういった声よりも驚くほど応援してくださる声の方を多くいただきました。

――この先見据えるもの、夢は?

松村:これまでの飲食とアミューズメント事業に加え、ウェディング事業が動き出した段階です。来秋、一号店を出す予定で、由緒ある建築物をリノベーションして、ブライダルと本格的な和食を提供します。そこは完全にミシュラン狙いです。

 もうひとつの目標は、100人の社長を作ることです。グループ会社に今4、5人のトップが立っていますが、自社の社長も創出しつつ現在社長業をしている若手経営者にも投資をし、支援をしていく。当社のさまざまなリソースを使ってもらうことを考えています。100人の経営者を作っていく“外食のグーグル化構想”を今、経営陣と練っています。

【松村厚久(まつむら・あつひさ)】
1967年3月29日生まれ。高知県出身。日本大学理工学部を卒業後、サービス業を極める目的で日拓エンタープライズに入社。95年に退社し独立。日焼けサロンチェーンを展開し、成功を収める。2001年に飲食業界に参入。「外食アワード2007」受賞。2010年、100店舗100業態を達成。飲食業界のタブーに挑み、食とエンタメの融合を成功させ、「フード業界のファンタジスタ」と呼ばれる。2015年、東証第一部上場。

撮影■疋田千里