おやつに必ず食べたくなるケーキやアイスクリーム。甘いものはついつい食べ過ぎてしまいますが、糖分を摂り過ぎると肌が次第にくすみ、シミも増え、まるで焦げたように衰えていきます。これを「糖化」と呼び、体が焦げる老化現象ともいいます。糖化を防ぐには甘いものを控えることも大事ですが、ほかにも効果的な方法がありますのでご紹介しましょう。

糖化ってどういうこと?

糖分は体内に入ると代謝エネルギーに変わります。しかし余った糖分はコラーゲンやエラスチンなど美肌に欠かせないたんぱく質と結合して糖化たんぱく質(AGEs)になり、体に溜まっていくのです。2つの成分が結合するときには、「メイラード反応」が起こり、褐色物質であるメラノイジンが生成されて、独特の香りが出ます。具体的には、たんぱく質を含む肉に糖分を含んだたれなどを付けて焼くと茶色いこげができますが、これがメイラード反応です。ホットケーキの表面の香ばしい焦げ、プリンの茶色いカラメルソースなども同じ現象によって作られます。人間の体に置きかえると「肌が焦げる」ということが起きるのです。

糖化が進むと肌はどうなる?

糖化の進んだ肌は黄色くくすみ、肌のはりが失われてシミやたるみが目立つようになります。ターンオーバーがしっかりできなくなるために、肌がごわごわしたり、乾燥したりすることも。また恐ろしいことに、糖化たんぱく質(AGEs)はいったんできると、ひたすら増えていくという性質を持つので、糖分の摂り過ぎこそ美肌の大敵なのです。

なんとしても防ぎたい糖化を防ぐには?

まずは食事を見直し、血糖値の上昇を抑える食事に切り替えましょう。空腹時間が長いと次の食事で血糖値が上がりやすくなります。1日3食しっかり食べることは、血糖値上昇や糖化予防に役立ちます。血糖値の上昇スピードはGI値で示されますが、GI値が高い白砂糖が含まれるお菓子やパンなどはもちろん控え、料理には黒砂糖や三温糖などを使いましょう。また糖質の吸収に時間をかけるには、食事のときに食物繊維を豊富に含む野菜や海藻などを先に食べ、糖質を含む主食は後で食べるようにするのもコツです。有酸素運動で体内の糖を燃焼させることも大事。さらに肌を直接守るためには、紫外線を浴びないように心がけて、糖化予防になるビタミンAやビタミンEを食事で摂るように心がけましょう。


writer:松尾真佐代