米国男子プレーオフシリーズ第3戦『BMW選手権』2日目。初日サスペンデットとなり、6ホールの未消化ラウンドをプレーし、1オーバーで第1ラウンドを終えた松山英樹だったが第2ラウンドは出遅れを取り戻すべく、8バーディ・ノーボギーの“63”と躍動した。
【関連】初日の松山を振り返る!PGAツアーフォトギャラリー
 「決まりだしたら自信を持ってパットを打てるようになってくる。やっぱりバーディが一番の薬かな」。
 6番までは短いチャンスパットが外れるなどバーディが奪えず、パー行進が続いていたが、7番での約8mのバーディパットを沈めると一気に流れに乗った。「8番も大きかった。ずっと短いパットを外していたので」と8番で1m弱を沈めて連続バーディとすると、前半上がりの9番でも奪取し、3連続。「入ったら入り出したという感じ。昨日も入らくてもそんなに気にしていなかった。(でも)気にしていなくてもだんだんストレスになってくる。それをうまく我慢したところでバーディーが来た」。
 後半は勢いそのままに11番でひとつ伸ばし、終盤5ホールで4バーディ。「(初日は)パッティングで苦しんだところがあって、スコアを伸ばせなかったですが、うまくここまで戻せたので良かった」とトータル7アンダーまでスコアを伸ばし、順位を19位タイに上げることに成功した。
 「2日間アプローチというアプローチをしていない。そういう意味ではラクにプレーができる」とパーオン率は83.33%で、風の影響を感じさせないほどショットは好調。それだけに「途中からラインが読めるようになった」と2日目にグリーン上を攻略できたことは収穫だ。
 首位のジェイソン・デイがトータル18アンダーと独走態勢。「上はなかなか崩れそうにない」と松山が笑うほど上位陣はハイレベルな伸ばし合いを展開している。「トップと差があるので(11打差)少しでも差をつめていけるように、今日のようなゴルフをできるよう準備していけたらなと思います」。ムービングデーで振るい落とされないために連日のビッグスコアが必要なことは、松山自身が一番理解しているだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>