株主優待の最新情報をお届けする「優待四季報」。2015年秋は外食企業による優待新設や拡充が相次いだ。株主優待の中でも特に人気が高いのが、飲食店で使える食事券や割引券だ。

 牡蠣料理店のヒューマンウェブ、「や台や」を展開するヨシックスが自社店舗で使える優待の新設を発表。さらに鳥貴族が株式分割に合わせ優待を拡充したほか、東和フードサービスやブロンコビリーなども優待食事券の額面を増やす拡充を発表している。

 こうした外食の優待は店舗が近くにない投資家にとっては不便だったが、最近は店舗での飲食に代えて商品送付を選択できるようにするのがトレンドとなっている。今回、優待拡充を発表したペッパーフードサービスも券面の増額に加え、自社で販売している商品との引き換えを可能にした。

 一方、ユニークな優待で目を引くのが河合楽器製作所だ。多彩なピアニストを招いて全国各地で開催している「カワイコンサート」に、株主を年2回無料招待する。品物や割引だけでなく、体験や感動をもたらしてくれる優待は株式投資の楽しみをさらに広げてくれそうだ。

文/森田悦子(ファイナンシャルプランナー、ライター)

※マネーポスト2015年秋号