<BMW選手権 2日目◇18日◇コンウェイ・ファームズGC(7,251ヤード・パー71)>
 米国男子プレーオフシリーズ第3戦『BMW選手権』2日目は全選手がホールアウト。第1ラウンドで“61”のビッグスコアを叩き出し、10アンダー・首位に立ったジェイソン・デイ(オーストラリア)が、この日も8つスコアを伸ばし、トータル18アンダーで首位を堅持。プレーオフシリーズ第1戦『バークレイズ』に続くプレーオフ2勝目へ向け、2位に5打差をつけて残り2日間に挑む。
【関連】デイが“ぞっこん”のテーラーメイドの新作『M1』って?
 デイは12番まで5バーディ・ノーボギーと安定感あるプレーを見せ、13番に初ボギーが出てしまうが、14番、15番の連続バーディですぐさま取り返し、最終18番パー5ではイーグル奪取。連日の60台前半で独走している。
 また1オーバー発進と出遅れてしまった松山英樹は第2ラウンドは圧巻の8バーディ・ノーボギー“63”。トータル7アンダーとして18位タイに浮上している。
【2日目の順位】
1位 :ジェイソン・デイ(-18)
2位T:ダニエル・ベルガー(-13)
2位T:ブレンダン・トッド(-13)
4位T:ケビン・ナ(-11)
4位T:ジョーダン・スピース(-11)
6位T:ジャスティン・トーマス(-10)
6位T:ジョージ・マクニール(-10)
6位T:スコット・ピアシー(-10)
9位T:ハリス・イングリッシュ(-9)
9位T:ローリー・マキロイ(-9)
9位T:ダスティン・ジョンソン(-9)
12位T:ライアン・パーマー(-8)
12位T:ヘンリック・ステンソン(-8)
12位T:マット・クーチャー(-8)
12位T:ブレンドン・デ・ヨング(-8)
12位T:ジャスティン・ローズ(-8)
12位T:キーガン・ブラッドリー(-8)
19位T:松山英樹(-7)ら11選手
<ゴルフ情報ALBA.Net>