ハワイ発のB級グルメ!ガーリック・シュリンプの専門店「ジョバンニーズ」がオープン

写真拡大 (全3枚)

ハワイB級グルメである“ガーリックシュリンプ”。殻ごとエビに味付けした料理で、ハワイでエビの養殖が盛んなことから生まれたソウルフードなんだとか。そんなハワイらしいグルメの人気店が、初上陸していることを、知っていた? 

ハワイ発のガーリックシュリンプ専門店「GIOVANNI’S JAPAN(ジョバンニーズ ジャパン)」が、2015年7月24日(金)に新宿・歌舞伎町のハワイアンダイニングバー「AleeBeach(アリービーチ)」内にオープン。「ハワイの店舗と同じメニューをご用意しています」と広報担当の葛西さん。

同店はハワイ・オアフ島のノースショアエリアの実店舗を中心に、移動トラックでも販売しているとか。有名人もたくさん訪れていて、トラックの外側いっぱいに書かれた落書きやサインがトレードマーク。その中にはオバマ大統領の直筆サインもあるそう。
メニューは全3種類。一番人気はニンニクで殻ごと炒めた「ShrimpScampi(シュリンプ スキャンピ)」。激辛トウガラシを使った「Hot & Spicy (ホット&スパイシー)」は、辛党にぜひチャレンジしてほしい1品。

また、ボイルしたエビをレモン果汁とバターのソースで食べる「Lemon/Butter(レモンバター)」は、さっぱり味で女性に人気。いずれもご飯付は1500円、なしの場合は1300円。テイクアウトもできるも嬉しいところ。


ドリンクメニューでは、3種類があるフローズンカクテル「オリジナルトロピカルカクテル(各980円)」が女子好み。「見た目も味もフルーティーで南国気分がぐっとあがること間違いなしです。デザート感覚でお楽しみください」(同)

「ウイラニ」(写真左)は、マンゴーをたっぷりと使用した南国を彷彿とさせるカクテル。「マカイラニ」(写真中央)は、ライチとパイン、ローズマリーを加わえた爽やかな一杯。そして、「カプカプア」(写真右)はカシスの香りが際立つテキーラベースの甘いカクテルで、ベリーのトッピングがアクセントに。

このほか、ハワイのNO.1地ビール「ハワイアンコナビール」3種類(ビッグウェーブゴールデンエール、ファイアロックペールエール、ロングボードラガー/各980円)も、ガーリックシュリンプとの相性抜群だそう。

本物の白い砂が敷き詰められた店内は、インテリアもハワイの雰囲気。今年の夏は忙しくて海に行けなかった…そんな女子はハワイ気分を味わいに出かけて。