松森彩夏、自身2度目の単独首位発進を決めた!(撮影:ALBA)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 初日◇18日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,374ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」が開幕。初日の競技を終え、初優勝を狙う新鋭・松森彩夏が6アンダーで単独首位に立った。
首位発進を決めた松森彩夏!特選PHOTOを写真館でチェック
  初日で単独首位に立ったのは4月の「フジサンケイクラシック」以来。6月に左手親指の付け根に痛みを感じ、7月の「全米女子オープン」でそれを悪化させてしまったが、8月末の「ニトリレディス」あたりから少しづつ快方に向かっている。
 「全体的に1ピンぐらいにつけられて、沢山バーディチャンスを打てました」とこの日のラウンドを振り返った松森。自他共に認めるショットメーカーで切れ味鋭いアイアンが最大の武器だが、ケガをして以来「距離感を合わせるのが難しかった」とショットの精彩を欠いていた。復帰してからはアイアンのシャフトを柔らかいものにしていたが、今週からずっと愛用していたN.S.PRO850(フレックスS)に戻したという。また同じ部分を傷めないようテーピングなどのケアを続け、ようやくケガをする前の感覚を取り戻すことができたようだ。
 前半戦は初のシード権獲得に向け順調に歩を進めていたが、このところ足踏みが続いていた松森。「なるべく早く決めたいとは思っています。けど、焦らず自分のゴルフに徹するようにもしたい」。ようやくショットの感覚も戻り、「このグリーンのスピードの出し方とか、自分に合っていると思う」とコースとの相性の良さも感じている。
 先週のメジャー、日本女子プロゴルフ選手権では「風に対してどういうショットを打つか明確にしないと」と難セッティングで“頭を使う”ゴルフの大切さを痛感。「もう少し自分のコントロールとか球の速さを打ち分けられたら」と課題も見えた。戦いの中で徐々に課題を克服し、初シードそして初優勝へ。今季開幕前から注目されていたニューヒロイン候補、4月は初優勝のチャンスを逃したが、今回はそのチャンスを掴み取れるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】テレサ・ルー、今季4勝の原動力は“距離感ぴったり”の14本