逆襲の秋(2)
3歳牝馬編

 3歳牝馬の春のクラシック。常に話題の中心にいたのは、ルージュバックだった。

 デビューから、牡馬相手に3戦3勝。それも、2戦目の百日草特別(2014年11月9日/東京・芝2000m)、3戦目の重賞きさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)では、ベルーフ(牡3歳)、ミュゼエイリアン(牡3歳)、ポルトドートウィユ(牡3歳)など、重賞級の馬たちをあっさりと蹴散らしてきた。

 これを受けて、早くから「秋には凱旋門賞挑戦」という話題が上がり、当然のことながら、牝馬クラシックの桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)、オークス(5月24日/東京・芝2400m)では、1番人気に支持された。

 しかし、ふたを開けてみれば、桜花賞はスローペースに翻弄された。先手を奪ったレッツゴードンキの逃げ切りをまんまと許して、自身はまさかの9着惨敗を喫した。そして、巻き返しが期待されたオークスでも、ミッキークイーンとの真っ向勝負に敗れて2着。戦前の期待を裏切って、春シーズンを終えた。

 この秋、そんなルージュバックの"逆襲"が見込まれたが、復帰戦として予定されていた札幌記念(8月23日/札幌・芝2000m)を熱発によって回避。必然的に凱旋門賞挑戦はもちろん、秋のローテーションも白紙となってしまった。

 春の二冠にとどまらず、ここまでリズムが悪くなってしまうと、さすがにそれを元に戻すのは簡単なことではない。3歳牝馬三冠の最後の一冠、秋華賞(10月18日/京都・芝2000m)参戦も、微妙な状況にある。

 実際、陣営は復帰について慎重な姿勢を崩さないでいる。が、それは逆に言えば、陣営がそれだけルージュバックの素質を高く買っている証拠でもある。持っているポテンシャルからすれば、復帰した瞬間、この逆境を跳ね返す活躍を見せても不思議ではない。

 血統評論家の栗山求氏は、血統面から見ても、ルージュバックがじっくり備えて好機を待つことは「いい判断だと思う」と語る。

「母ジンジャーパンチは、アメリカ古馬牝馬のチャンピオンに輝いた名牝。本来は晩成傾向にある血統です。そういう意味では、ルージュバックもこれからが楽しみ。桜花賞は展開に泣き、オークスは決して万全とは言えない状態で2着でした。体調さえ戻れば、頂点に返り咲く可能性は高いと思います」

 一説には、秋華賞もスキップして、ジャパンカップ(11月29日/東京・芝2400m)を目指す、という話もある。1996年には、春のNHKマイルC(東京・芝1600m)で1番人気に推されて14着と惨敗したファビラスラフインが、秋には秋華賞を制し、3歳牝馬(当時の年齢表記は4歳)ながらジャパンカップでも2着と大健闘した。もともと牡馬一線級を相手にしなかったルージュバック。ファビラスラフインと同様、いやそれ以上の飛躍があってもおかしくない。

 他にも、ルージュバックと同じく牝馬クラシック第1弾の桜花賞に3戦3勝で臨み、この春、注目を集めた馬がいる。クイーンズリングとキャットコインである。彼女たちも、春の二冠は期待を裏切ってしまったが(※)、今秋の巻き返しを虎視眈々と狙っている。
※クイーンズリングは、桜花賞4着(3番人気)、オークス9着(5番人気)。キャットコインは、桜花賞7着(6番人気)、オークス12着(8番人気)

 とりわけ期待が持てるのは、クイーンズリング。春は、レースごとに馬体重の増減を繰り返して、その影響が少なからずあったはずだからだ。それでも、馬体重を減らしながら臨んだ桜花賞では4着と奮闘。秘めた能力は相当なもので、万全な態勢を整えれば、GI制覇も夢ではない。

 前出の栗山氏も、クイーンズリングの"逆襲"は大いにあると踏んでいる。

「クイーンズリングの母アクアリングの配合は、凱旋門賞3連覇を狙うトレヴ(牝5歳/フランス)の母トレヴィセや、2010年にカルティエ賞(欧州の年度代表馬の表彰)に輝き、GIの通算勝利数が14勝という"女傑"ゴルディコヴァにそっくり。成長力のある血統なので、秋以降に大仕事をやってのけても不思議ではありません」

 一方のキャットコインについては、デイリースポーツの豊島俊介記者が期待を込めてこう語る。

「無傷の3連勝でクイーンC(2月14日/東京・芝1600m)を制しましたが、クラシック本番では、桜花賞7着、オークス12着。気性的な難しさがあり、調整に苦労した点が響いたように思います。それが、夏を越して精神面が成長し、巻き返しが期待できます。一瞬の切れがあり、案外小回り向きで、京都内回りの秋華賞は合うんじゃないでしょうか」

 秋になると、上がり馬も続々と台頭してくる。しかし、それらを迎え撃ち、春のリベンジにかける"逆襲の3歳馬"たちからも目が離せない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu