ダイエットにも美容にも効果的!とウワサのスーパーフード「チアシード」。

30歳超えても「キレイ!」な人と、そうじゃない人を分ける5つの注意点

話題にはなっていますが、まだまだ「買ったことがない」「摂り方がわからない」といった人も多いのでは? そこに朗報が! 

プロの作る“チアシードフード”をお試しできる『CHiASEED WEEK(チアシードウィーク)』が開催されているのです!

そもそも「チアシード」って?

ローラさんやスーパーモデルのミランダ・カーさんのお気に入りだったことで、一躍注目を集めたチアシード。

もともとは南米原産のシソ科の植物・チアの種。1mmほどのとっても小さな1粒には、たんぱく質やビタミンB群、豊富な食物繊維にカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛などのミネラル、8種類の必須アミノ酸が含まれています。

人間の体内では合成することができない必須アミノ酸の9種類の内、8種類を含むチアシードは奇跡の植物の種!

さらに、植物なのに魚などに含まれる必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)まで多量に含んでいるというのがポイント!

そして小さな種ですが、水分を吸収すると周りがぷるぷるのゲル状になり、10倍にも膨らむので、腹持ちがよく、ダイエットにも最適。

ただし、水分を含み、ぷるぷるしたゲル状の中心に黒い種が入っている様子はカエルの卵を思わせるビジュアルでもあります……が、そのビジュアルを耐えれば健康的な美しさが手に入るのです!

そんなチアシードをふんだんに使用したフードメニューを提供するイベント『CHiASEED WEEK』が9月18日〜24日の期間限定で開催。“チアシードフード”を堪能してきました。

さまざまな食感に驚かされるチアシード

今回のイベントは、9月1日より発売となった大塚食品のビスケット『しぜん食感 CHiA』の発売を記念し、チアシードの魅力を知ってもらおうと、表参道のコミュニティ型空間 COMMUNE 246とコラボレーション。

エリア入り口から、クリエイターが手がけたチアシードアートが出迎えてくれます。

白いボード部分に目を凝らすと、白いチアシードがびっしりと貼り付けられており、濃い緑色のボードでは、栄養素が豊富なチアシードが発芽し、青々と茂っているのを確認することができます。

チアシードのみなぎるパワーをここでも感じることができるかも?

ここでは、COMMUNE 246内のフードカートやカフェ5店舗によるサラダやスイーツのオリジナルメニューを販売。それぞれを食べ比べてみました。

・チキンとチアシードのカラフルサラダ(dote cafe)800円

今回の限定メニューで唯一のサラダ。目の前に出てきたのは……、

思わず「うわあああああ!」と声を上げてしまったほど、グロテスク! ゲル状になったものが出てくるとわかっていたのに、油断していました。

今回のメニューで使用されているチアシードはすべてが白いホワイトチアシード。黒もカエルの卵のようだとは思いますが、白いつぶつぶもなかなか視覚的な破壊力がありますね……。

ちなみに、ホワイトチアシードは15倍くらいに膨らむそうなので、ブラックチアシードよりも膨張率が高く、栄養素も少し多いそうです。

どっさりかけられたチアシードに隠れて見えづらいですが、アボカドを器にして、鶏ささみやきゅうり、パプリカなどが盛りつけられているサラダ。

見た目に少し動揺しながらも口に運ぶと、プチプチ楽しい食感! 美味しい! 

チアシードをコンソメを加えた水で戻しており、コンソメジュレ風のサラダになっていました。チアシード自体に味や臭みなどがほぼないので、どんな味付けも邪魔しないのだとか。たちまちジュレ風のドレッシングができるのはいいですね。

・チアシードボウル(Antenna<>WIRED CAFE)600円

グラノーラやベリーが添えられ、まさに朝食にぴったりといったメニュー。トッピングの下には、豆乳に混ぜたチアシードがたっぷり。

ヨーグルト感覚でスプーンですくうと、驚きの感触が! すごくもっちり! 口に入れてみてもやっぱりもっちもち。

先ほどのジュレ風だったサラダとは違う、もちもち食感。もっちりに絡むはちみつや、シリアルのサクサク感がたまりません。

水分量で粘度を調整できるので、いろいろな食感が楽しめるのもチアシードの面白いところだそう。この適度なもちもち、つぶつぶ食感……なんだか異国の原住民の料理にありそう!(食べたことはないですが。)

・マロン&豆乳ホイップ 秋のフレンチトースト with チアシードベリーソース(GARTEN)850円

マロンやりんごチップなど、秋の季節感も感じられるフレンチトースト。切り株のような木のお皿に盛りつけられているのがオッシャレー!! これだけでテンションが上ります。

そして肝心のチアシードはジャムのようなベリーソースとして添えられていて、こちらも、もちもちタイプ。

お好みの量をつけていただくのですが、これがめちゃくちゃ美味しい……! ベリーソースもすっごく美味しくて、でも、豆乳ホイップもとっても美味しくて、両方を足しても美味しい!! 次の一口をどのパターンで食べようか迷うほど。

さらに、ちょこんとお皿の端にいるチョコの塊。揚げたパンにチョコをコーティングして、チアシールドをまぶしたものなのですが、こちらも常に手元に常備しておきたいくらい好きでした。

・ジンジャーチアパウンドケーキ 390円
・ヘイズミルクプリン 450円
(2つともBROOKLYN RIBBON FRIES)


フライドポテトと手作りジンジャーエールが売りのお店が作ったのは、超スパイシーなスイーツ2つ。

チアシードとくるみも入ったパウンドケーキは、ジンジャーが効いていて、身体の中からポカポカしてきそうなじんわり刺激的な味。

ミルクプリンは、下半分がチアシードの層になっていますが、食感はなめらか。ジンジャーだけでなくシナモンもプラスされ、さらにスパイシーで刺激のあるチアシードを味わえます。

・SOY BEAN YOGURT WITH CHIA SEEDS & FRUITS(CORI.)800円

ヨーグルトとフルーツが盛りつけられた、華やかな一皿。

中央のボウルは、甘酸っぱいベリーソースがかかった豆乳ヨーグルト、バナナとチアシールド入り。そしてその周りはグレープルーツや巨峰などのカットしたフルーツに、パラパラと乾いたチアシールドがまぶしてあります。

フルーツの酸味に、チアシールドの香ばしさとパリパリ感が加わって、食感も楽しいすっきり爽やかなデザートプレート。フルーツにそのままチアシールドをふりかけるのも合いますね。

ぷるぷるだけでなく、もっちりやサクサク、パリパリ感が楽しめるのがフードメニューならではの良さ。営業時間は11時〜22時までなので、サラダならお酒のおつまみとして楽しむのもアリ。

ちょっと注意が必要なのは、チアシードはお腹の中で膨らむので、あとでビックリするくらいお腹いっぱい! なんてことになりかねません。ひとりでたくさん食べるのは危険かも? 数人でいくつかのメニューをワイワイ楽しむのがオススメです。

また、注目して欲しいのはイスに置いてあるクッション。『しぜん食感 CHiA』のパッケージ風のクッションは実は端がマジックテープになっていて開くことができるんです! 

中から、ビスケット型の小さいクッションがころんと出てくるので、ぜひチェックしてみてください。

他にも、テーブルの上には濃い緑がニョキニョキと伸びた、卵型のチアシード栽培キットが飾られていて可愛い! このキットは、9月20〜23日の13時〜15時に訪れた先着30名にプレゼントするそうですよ。

美容やダイエット効果から、女性からの関心が高いチアシードですが、古代アステカの戦士が、チアシードと水だけで1日走り続けたという逸話もあるエネルギーに満ちたパワーフード。

男性にもオススメなので、彼氏や男性のお友達を交えて、エネルギーチャージしに訪れてみるのも良いのではないでしょうか?

大塚食品『しぜん食感 CHiA』×COMMUNE 246 presents「CHiASEED WEEK(チアシードウィーク)」
期間:2015年9月18日(金)〜9月24日(木)11:00〜22:00
場所:COMMUNE 246  東京都港区南青山3-13