佐川男子ふうPepperが日本語と英語でお・も・て・な・し。佐川急便の「TOKYO SERVICE CENTER」に就職

写真拡大

佐川急便は、東京駅構内にある「TOKYO SERVICE CENTER」にて、ヒト型ロボット「Pepper」が就職することになり、接客サービスを9月19日より開始します。名前は「HAPPY」です。

このHAPPYくんの特徴は、訪日外国人に対応できるよう日本語のほか英語での対応を可能にしたところです。現場にいるバイリンガルのスタッフとともに、TOKYO SERVICE CENTERで提供するサービス内容について案内したり、東京駅構内の店舗や道案内してくれるようです。英語のできる外国人旅行者にはちょっとうれしいサービスかもしれません。

また、お客さんの写真を撮影してプレゼントする機能も備えています。QRコードで特設スマホサイトにアクセスするとHAPPYが撮影した自分の写真を見ることができます。

今回、HAPPYくん(Pepper)に搭載のアプリは、イサオドットネットと佐川急便が独自に開発したもので、ロボットコンテンツ管理システム「Citrus Rams」を利用しています。Web画面上から簡単に会話やモーションなどのロボット向けアプリの設定を行えるので、HAPPYくんが行うサービスを更新したい場合ブラウザー経由で簡単に更新でき、継続的な運用を可能にしています。いつも同じ対応ではなく、いろいろな機能がどんどん追加されていくとまた会いに行きたくなりますね。

なお、HAPPYがいる時間は朝10時から午後3時までと限られているので、HAPPYに会いたい場合は、訪れる時間にご注意ください。