写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハ発動機は9月18日、垂直多関節ロボットの新製品「YAシリーズ」8機種を12月10日から販売すると発表した。

同シリーズは、各軸の動作速度と手首負荷能力が特徴の6軸ロボット「YA-RJ」「YA-R3F」「YA-R5F」「YA-R5LF」「YA-R6F」、肘軸による自在なアーム動作を可能とした7軸ロボット「YA-U5F」「YA-U10F」「YA-U20F」および、これらを駆動制御する新型コントローラ「YA-C100」というラインアップとなっている。

同社は、複数の役割をこなすことができる同シリーズを導入することにより、製造の現場が多品種少量生産へとシフトする中で主流になると考えられているセル生産方式などの高速自動化に対応できるとしている。各ロボットの価格はオープンで、ヤマハは8機種合計で年間400台の販売を見込んでいる。