20〜30代にいかに多くの人脈を作るか──。それはビジネスマンにとってその後の人生を決める重要な要素と言われている。社内外を問わず信頼を得た人脈の蓄積が、40代以上の仕事の「差」となって現れるからだ。かつて世界最強の経営コンサルタント会社・マッキンゼーの日本支社長やアジア太平洋地区会長を務めた大前研一が、マッキンゼーで使われている社員教育を体系化し、厳選した新刊『大前語録 勝ち組ビジネスマンになるための88か条』(小学館刊)より、人脈作りの要諦を紹介しよう。

 * * *

【「自分から最も遠い人こそ自分の人脈にする」──これが人脈作りの最大の要点である】

 人脈作りは、自己改造の重要なテーマだ。ところが、サラリーマンはしばしば「自分と近い人」を自分の人脈にしてしまう。学校の同級生、先輩、後輩、サークルの仲間、同郷の人、同じ業界、同じ職種、取引先……。こうした人たちと一緒にいると居心地が良い。知識、体験、思い、価値観などを共有しているからだ。だが、彼らから新鮮な情報は得にくく、視野も広がりにくい。

 自分から最も遠い人こそ自分の人脈にする。これが人脈作りのポイントだ。日本人より外国人、同世代よりも年の離れた世代、同性より異性、同郷人より出身地の異なる人、他業種、他職種……「自分から最も遠い人」とも円滑にコミュニケーションできることは、サラリーマンにとって重要なセンスであり、彼らこそが貴重な情報と理解をもたらせてくれる。

【人脈を掘り起こしていく時には、初めに相手にどういう質問をするかがポイントになる。最初は単純な質問でも、その答えの中に次の質問のヒントが隠されていることを、覚えておいてもらいたい】

 私は、興味があればどこへでも出かけ、誰にでも質問する。これが人脈作りの基本である。

 飛行機に乗った時は隣の座席に座っている人に必ず話しかけるようにしている。隣席には自分の人脈を超えた未知の人物が座っているわけだ。ならば少しでも隣人から学び、情報を得ようという発想である。一期一会の“一時的人脈”だ。しかし、ずっとつき合い続けることを前提に話しかける必要はない。一時的であっても、有効な情報交換ができれば、それもまた立派な人脈だと考えるべきだ。

 その際は、初めに相手にどういう質問をするかがポイントになる。難しいことを聞かず、相手が答えられる質問をすることだ。そうやって会話を深めていけば、必ずや有意義な情報を得ていることだろう。

※大前研一・著『大前語録 勝ち組ビジネスマンになるための88か条』より