金融関係者や個人投資家も熟読するほど注目されている金融情報サイトの『日刊闇株新聞』。株や為替などの経済情報だけでなく、経済事件や騒動の内幕にも舌鋒鋭く迫る無料ブログだが、発行人で自ら取材・執筆を行なうA氏は「経済の仕組み」を考える重要性を一般投資家に説く。

「個別銘柄の上げ下げについての情報は新聞や雑誌に溢れているが株価は結局、誰にも読めない。長い目で見て、まず投資に必要なのは、株価が上下する理由や仕組みといった基礎を理解し、今の世界で何が起きているかを知ることです」(A氏)

 A氏のブログはマクロな視点の記事が多い。そうした記事なら日経新聞でも読めそうなものだが、多くのプロがこぞって『闇株新聞』を読む背景には、企業や政府の“御用聞き”と化している日本のマスコミへの不信感がある。

 最近の例では、経営トップが関与して会社ぐるみで経常利益を水増しした東芝の不祥事について、日本の大手マスコミは「不適切会計」と表現した。明らかな「粉飾決算」でも大スポンサーである東芝に配慮した報道であることが見え見えだ。『闇株新聞』の姿勢はそれとは対照的だ。

「私は問題発覚当時から東芝問題を大きく取り上げました。東芝は当初、第三者機関に報告書を出して過去の会計を訂正して幕引きする予定だったが、内部の派閥抗争が高じて大火事になった。

 大手マスコミや金融当局も当初はスルーのはずだったが、一転して極端なまでの追及を始めた。私は、今後も真摯に動向を報じていくつもりです」(A氏)

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号