米国記者が試した「VRカラオケ」@東京ゲームショウ2015

写真拡大

US版『WIRED』の記者が、「東京ゲームショウ2015」の「PlayStation VR」のブースで、さまざまなVR(仮想現実)コンテンツを試してみた。「VRを活かしたシュールな舞台」で歌えるカラオケアプリは動画で紹介。

「米国記者が試した「VRカラオケ」@東京ゲームショウ2015」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本最大のゲームショウである「東京ゲームショウ2015」が開幕した9月17日(日本時間)、会場の入り口が開かれてから数分と経たないうちに、「PlayStation VR」(開発コード名「Project Morpheus」)のブース前には長い行列ができていた。

ブースに入った筆者の目にまず飛び込んで来たのは、「真・三國無双シリーズ」の仮想現実(VR)ヴァージョン。日本や中国の歴史上の戦いを基にした、アクションゲームの長編シリーズだ。

このゲームのデモはひとりでプレイするかたちだったが、バトルを体験する前に、露出度の高い服を着た女性が筆者のそばに近づき、わたしに向かって説明を始めた。このとき、筆者が見ているモニター画面はすべての人に見えるようになっており、筆者の視界に何が映っているかは誰もがわかる状態だった。そのため、彼女の話を聞いているときに、彼女の胸もとに視線を向けないように我慢するのは、ちょっとしたゲームのようだった。筆者はこのミニゲームに勝ったと信じている。

実際のゲームでは、同じような姿をした大勢の敵がプレイヤーに襲いかかってくる。プレイヤーは四角いボタンを押しながら、敵たちをひとまとめに倒していく。敵はプレイヤーの背後にも現れるため、椅子をぐるりと回してすべての敵を倒す必要がある。プレイを始めた当初、筆者はVRならではの感動は特に沸かなかったが、とてつもなく大きな攻撃が成功し、自分の視界が巨大な爆発の青い光に覆われたときには、少しワクワクした気持ちになってきた。

通路の向こう側には、もうひとつ、非常に日本的な体験ができる「JOYSOUND VR」があった。VRを活かしたカラオケアプリで、プレイヤーは、360度パノラマカメラで撮影された3Dヴィデオ映像の中でマイクを持って歌う。例えば、元気いっぱいの女性アイドルグループの一員となって、ステージ上で彼女たちといっしょに歌うこともできるし(台湾「ETtoday遊戲雲」による体験動画を文末で紹介)、ひとりで広い公園の真ん中に立ち、満開の桜の木に囲まれながら歌ったりすることもできる。

「仮想アイドル」の初音ミクをベースにしたVRゲームでは、プレイヤーは観客の一員となり、ステージの反対側からパフォーマンスを楽しめる。ミクのパフォーマンスを見ながら、コントローラーの「PlayStation Move」をコンサート用ペンライトのように振り回すことができるのだ。

ほかの展示中のゲームには、日本で人気の高いジャンルのゲームに手を加えてVRを活用しようとするものが多かった。例えば、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のVRヴァージョンや、プレイヤーが家庭教師となって女子高生に勉強を教える「サマーレッスン」(日本語版記事)、「夢小説」アドヴェンチャーゲームの「ダンガンロンパ」をもとにした仮想ゲームなどだ。

ソニーがVRゲームを日本のゲーマーたちに真剣に提供しようとしているのは明らかだ。ただし、来年になってPlayStation VRが発売されたときに、ゲーマーたちがこうした3D体験にお金を注ぎ込もうとするかどうかはまだわからない。

TAG

GamePlayStationVRTokyoGameShowVideoVR