PlayStation VRが盛況のソニーブース、発売前のタイトル試遊も長蛇の列(TGS 2015)

写真拡大

TGS2015のソニーブースでは、PlayStation VRのほか、PS4やPS Vitaといった現行ハードの最新タイトルを展示。『サマーレッスン』などの技術デモを体験できます。

新作タイトルとしては、『スターオーシャン5』『Dark Soul3』『Gravity Daze』『Tomorrow Children』『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』といった話題作や人気タイトルを試遊可能です。発売前のタイトルも含まれるためか、タイトルによっては一時、数時間待ちの列をなしているところもありました。

【ギャラリー】TGS2015 ソニーブース (18枚)


PlayStation VRの体験コーナーは2階建てで、上下合わせておよそ20席あります。体験できるタイトルは複数ありますが、内容は選べません。初日の17日は開場早々から体験コーナーに国内外のプレスが詰めかけ、午前11時にはキャンセル待ちも締め切っており、注目度の高さを感じさせるほどの活況を呈していました。

開場後すぐに受付を済ませれば、VRコンテンツを体験できるかもしれません

午前中にはキャンセル待ちすらも打ち切られました

試遊スペースはかなり広めに取られていましたが、用意された試遊席の数はまちまちです

このほか、PS4向けタイトル『人喰い大鷲のトリコ』に登場する怪鳥トリコと触れ合えるという趣旨のコーナーも設置していました。

プロジェクターにより壁面に大写しになったトリコは、プロジェクターのそばに設置されているセンサーによって近寄る人間の位置を認識し、顔を寄せる、匂いを嗅ぐなどのアクションをとります。


本作は2009年にPS3用ソフトとして発表され、何度かの発売延期と開発中断を経て、PS4用ソフトとして2016年に発売される予定です。

12月3日に税別1万2000円で発売予定のワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15001)