【9月特集】 優勝か? 失速か? 阪神タイガースの秋(5)

「今年の阪神の強さはどこに?」と聞かれたら、答えるのが難しい......。ただ、絶妙なバランスを取りながら、ヤクルト、巨人、広島が入り乱れる混戦のセ・リーグで、阪神は優勝争いを演じている。

 現在、優勝争いをしているその他の球団は、何かしら抜きん出ているものがある。ヤクルトならチーム打率(.258/1位)と得点力(518/1位)、巨人ならチーム防御率(2.81/1位)に機動力(90盗塁/1位)、広島はチーム防御率(2.92/2位)や得点力(463/2位)......。

 しかし、それが阪神にはない。チーム打率(.247)、チーム防御率(3.54)、チーム本塁打数(72)はすべてリーグ5位。得点数(431)はリーグ最少だ。さらに盗塁数(42)は、群を抜いて少ないリーグ最下位(5位のDeNAと11個差)。数字だけを見れば、失点を防げているわけではなく、得点力があるわけでもなく、機動力もない――。しかも今年は、セ・リーグ最多となる15度の完封負けも喫している。打線がまったく打てない苦手投手すらいるのに、それでも阪神はV争いの渦中にいる。

 なぜ、阪神はこのような数字で首位争いができているのだろう。今年の戦力を改めて見てみる。

 まずは投手。先発ローテーションは開幕から、藤浪晋太郎、メッセンジャー、能見篤史、岩田稔の4本柱で回している。昨年の最多勝・最多奪三振の2冠に輝いたメッセンジャーが不振により、5月に3週間ほど一軍から離れたが、それ以外は常にこの4人がローテーションにいた。その後、夏場に入ると、ルーキーイヤーの昨年に5勝(4敗)を挙げた左腕・岩崎優も、先発陣に固定された。

 なかでも成長著しいのは、高卒3年目の藤浪だ。4月の1ヶ月は白星に恵まれず、苦しんだ時期もあった。試合前の練習では内野手に混ざって内野ノックにも参加し、きちんとステップして送球を繰り返す日々。「きちんと縦振りにならないと、いい送球がいかないので」と、横振りになっていた腕の振りの修正に努めていた。

 そんな藤波が5月14日、神宮でのヤクルト戦を分岐点にガラッと変わる。5回、先頭で投手の成瀬善久が打席に立つと、直球3球で三振に仕留めた。「キャッチャーの後ろまで突き抜けていくイメージにしたのが、いいリリースにつながった」。その感覚を掴んだときから、21歳のストレートはうなりをあげるようになった。

 藤浪の球速は試合終盤まで衰えなくなり、150キロを悠々と超えていく。120球、130球、140球を投げても、まったく関係ない。阪神の本拠地・甲子園球場の記者席はバックネット裏にあるが、そこから藤浪の直球を見ていると、「本当にバックネットを突き抜けてくるのではないか」という恐怖すら感じる。

 打者のバットも、おもしろいぐらいに当たらない。9月15日の中日戦ではリーグ断トツトップの200奪三振超えを果たし、同時に13勝目もマーク。勝利数で広島の前田健太(13勝)、ジョンソン(12勝)らと競う。まさに「チームの大黒柱」と言っても過言はない活躍を見せている。

 一方、左腕の柱である能見は、相手チームとの相性重視でローテーションが組まれてきた。特に広島戦を得意としており、登板間隔を空けてでも回ることがある。他の先発投手に関しても、相手チームの得意・不得意以外に、球場の相性なども考えて登板するようになった。阪神の首脳陣は、勝てる試合を取りこぼさないような工夫をこらしている。

 また、安藤優也−福原忍−呉昇桓という「不動の勝ちパターン」の中継ぎ陣も安定してきた。後ろにバトンを渡せば大丈夫、という安心感がある。肩の消耗が激しいリリーフ陣に対しては、ブルペン内での球数や、肩を作る回数など、徹底的に管理されているという。1年間、戦える万全の状態が保たれてきた結果、中継ぎ陣に白星がつくことも多くなった。チームを支えているのは、先発投手だけではない。

 対する打線では、福留孝介の存在が大きい。昨年は不調の時期もあり、目立つ活躍はシーズン終盤に固まってしまった。しかし、今年は開幕からチャンスに強く、さすがベテランという試合が多く見受けられるようになった。ゴメスやマートンが今ひとつ波に乗り切れないなか、福留が得点源になっているのが今年の特徴だ。3年目となるタテジマでは初めてふたケタ本塁打をマーク(19本塁打)し、打点も昨年の2倍(68打点)になった。9月3日の広島戦からはタイガースの4番に座り続けている。

 まだ優勝争いの真っ最中ながら、2015年シーズンを振り返れば、連敗を長引かせることは少なかった。大型連敗は4月4日〜11日に6連敗を喫して以降なく、連敗しても短い期間でストップ。ずるずると悪い雰囲気を引きずっていない。また、交流戦ではセ・リーグで唯一、パ・リーグ相手に負け越さなかった。他球団の主力選手が故障で離脱していくなか、阪神は勢ぞろいで開幕を迎えることができ、シーズン中に大きな戦力を失わなかったことも、優勝争いを演じられている要因だろう。

 決して派手ではないが、それでも勝てた――。それが、今年の阪神タイガースの強さである。

※数字は9月17日現在

スポルティーバ●文 text by Sportiva