「バイオは自分には関係ないと思っていませんか」林千晶(MITメディアラボ所長補佐):ICF 2015の見どころを語る

写真拡大

10月14日(水)から開催される、都市とライフスタイルの未来を描く国際会議「Innovative City Forum(ICF)」。今年の見どころは、ぼくらの暮らしを変える「バイオの未来」だ。MITメディアラボ所長、伊藤穰一の補佐を務める林千晶に、世界の最新動向を聞いた。

「「バイオは自分には関係ないと思っていませんか」林千晶(MITメディアラボ所長補佐):ICF 2015の見どころを語る」の写真・リンク付きの記事はこちら

「20年後のわたしたちはどのように生きるのか?」を問いかけ、「都市とライフスタイルの未来を描く」をテーマに議論を行う国際会議「Innovative City Forum(ICF)」が六本木アカデミーヒルズで10月14日(水)より3日間開催される。

3回目の開催となる今年は、共催のMITメディアラボの初代所長を務めたニコラス・ネグロポンテが基調講演を行う。また、現MITメディアラボ所長の伊藤穰一が企画した初日の先端技術セッションでは、MoMAの若手建築家プログラムに選出されているデヴィッド・ベンジャミンや、TED2013の動画が80万回以上の再生数を記録しているジェシカ・グリーンのほか、ニューヨークの「微生物マップ」を作製したクリストファー・メイソンやMITメディアラボ助教のケヴィン・スラヴィンなど、「バイオ」の新しい可能性に挑戦している先駆者たちが集結する。

Innovative City Forum 2015

>>参加申し込みはこちらから

開催日時:2015年10月14日(水)〜10月16日(金)
開催場所:六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階
参加費:各日5,000円(税込)
*国際交流基金アジアセンターセッションのみご参加の場合、1セッション1,000円(税込)です。
定員制、先着順での受付となります。

そこで、伊藤所長の補佐を務めるロフトワーク代表取締役の林千晶に、今年のプログラムの狙いと見どころを聞いた。


──今年のICFは、例年に比べて特にバイオ系の研究者やアーティストが登壇者に多い印象を受けます。これにはどのような狙いがあるのでしょうか?

プログラムを構成するうえで特に意識したのは、これからバイオの世界は多面的に世の中にインパクトを与えていくことを皆さんに感じてもらうことです。

──「多面的」とは?

日本でいま“バイオ”と呼ばれているものは、主に創薬か再生医療のどちらかです。つまり医療の領域に限られています。でもMITメディアラボの建物に一歩踏み込んでみると、バイオはあらゆる研究分野において適用されていることがわかります。インターネットがあらゆる産業のあり方を変えてきたように、これからはバイオがその大きな変化を担おうとしているのです。

例えば、繊維の中に微生物を組み込んで、体温や汗など生体反応に呼応して通気性をコントロールできる素材開発や、微細藻類がもつ光合成の作用を発展させてバイオ燃料を生み出す研究など、ファッション、素材、エネルギー開発まで、さまざまな領域で研究が進められています。今年の先端技術セッションでは、そのようなバイオの新しい世界を垣間見ることができると思います。

──先端技術セッション1「新メタボリズムの可能性 都市、建築、プロダクツは自然を目指す」では、建築の視点からバイオの議論を深めていくことになるのでしょうか。

1959年ごろから日本で「メタボリズム」という建築運動が生まれ、概念としては世界を席巻しました。でも当時は実際に「新陳代謝する」建物は生まれませんでした。しかし、いまそれがテクノロジーによって実現できる時代になりつつあります。その先駆者として注目されているのがニューヨークの建築事務所「The Living」のデヴィッド・ベンジャミンです。このセッションでは、日本における建築の系譜を語れる若手建築家の藤村龍至さんに加え、バイオとアートを融合させた作品を積極的に発表しているスプツニ子!さんも登壇します。建築の視点だけではなく、例えば「それによって女子高生の暮らしってどう変わるわけ?」といった議論を展開することで、メタボリックなデザイン手法が建築以外の領域にも広がる可能性を探る回になることを期待しています。

関連記事:「新メタボリズム」への挑戦:MITメディアラボ主催のカンファレンス「ノッティ・オブジェクト」レポート

先端技術セッション2に登壇する、クリストファー・メイソン(ワイル・コーネル・メディカル・カレッジ准教授)がニューヨークの地下鉄で微生物を採取して製作した「微生物マップ」。

──先端技術セッション2「スマートシティを司る“2番目”の脳 都市の中の微生物叢から学ぶこと」に登壇するクリストファー・メイソンとケヴィン・スラヴィンは、東京で「微生物マッピング」のプロジェクトを一緒に進めているそうですね。ジェシカ・グリーンも建物の中のバクテリアを分析している研究者ですが、このセッションではどういったことを伝えたいのでしょうか?

このセッションのユニークさは「微生物は都市の文化まで担っている」という視点です。人の欲求さえも微生物とともに生まれていることが最近の研究でわかってきています。わかりやすいのは食欲です。太ったマウスの腸にいる微生物を他のマウスに移植すると、移植されたマウスが太ります。これと同じことが人間にも起こっているというのです。つまり、お腹が空いたという感覚は、わたしたち自身から生まれている感覚だけでなく、腸内の微生物からも「食べたい!」という指令を人間に出しているというのです。また、いままで意識しなかっただけで、ずっと昔から人間は微生物と共生してきました。そのため、先端テクノロジーを用いて生活空間にいる微生物を分析して可視化すれば、場所によって異なる人々の暮らしぶりや、都市の文化を表すことまでできるのではないかと彼らは考えているのです。

──日本はこの新しいバイオの流れをリードしていけるのでしょうか?

残念ながら日本にはまだその可能性はほとんど見当たらないですね。でもだからこそ、このバイオ黎明期の動向をいち早く日本に紹介したいのです。科学の視点だけでなく、文化や都市、ビジネスの視点からも、バイオがもたらすインパクトを議論したいと思っているので、皆さんには自分には関係ないものだとは思わないで、ぜひ彼らの言葉に耳を傾けてほしいです。

今回迎えるスピーカーたちは、個々ではさまざまなイヴェントに登壇していますが、これほどまで一同に揃うのは世界でもおそらく初めてではないかと思います。5年後にこの登壇者のリストを見たら、「このときすごいメンバーが集まっていたね」って話になると思いますよ。

──MITメディアラボの創立者であるニコラス・ネグロポンテを呼ぶことには、何か特別な意図はあるのでしょうか?

それについては、先日ジョイ(伊藤穰一)から興味深いエピソードを聞いたので紹介させてください。MITメディアラボで新しい教員を選ぶときの出来事です。「この人どう思う?」って聞いて、教授みんなが賛同したら、その候補者は選ばない。むしろ「この人はうちには合わないのでは」と反対する意見がたくさんあがった候補者を採用するのだそうです。みんなが「いいね!」と言うものは、十分にイノヴェイティヴではない。ネグロポンテはずっとそのような考え方で、メディアラボを育ててきたのです。そんなネグロポンテだからジョイを所長に選ぶことができたのだと思います。改めてイノヴェイションというものが、どれほどのリーダーシップを必要とするのかを考えさせられるエピソードです。

──それはイノヴェイションを起こしたい日本のリーダーたちに、ぜひ届けたいメッセージですね。

意外と知られていないようですが、メディアラボは30年前、まだ日本が元気だったころに日本の企業のリーダーたちが中心になって「よしやろう!」と言って支援して始まった研究機関なのです。でもそれ以降、残念ながら日本は「失われた〇〇年」を更新し続けてきました。ただオリンピックの開催が決まったことで、どこか人々の意識が前向きに変わり始めているのを最近実感しています。そういった情勢のなかで、初代所長のネグロポンテは日本の観客に向かって何を語るのか。彼の基調講演は、イノヴェイションを起こしたいと思っている日本の組織のトップの人たちにぜひ聞いてほしいですし、わたしもそのひとりとしてとても楽しみにしています。

「ICF 2015」関連記事

「バイオテクノロジーには芸術家のマインドセットが必要だ」オロン・カッツ(バイオアーティスト)
「バイオは自分には関係ないと思わないでほしい」林千晶(MITメディアラボ所長補佐):ICF 2015の見どころを語る
ネグロポンテ登壇決定! 都市の未来を描く「Innovative City Forum」

林千晶 | CHIAKI HAYASHI
1971年生、アラブ首長国育ち。早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。2万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。MITメディアラボ 所長補佐(2012年〜)、グッドデザイン審査委員(2013年〜)、経済産業省 産業構造審議会製造産業分科会委員(2014年〜)も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称ヒダクマ)」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任(2015年4月〜)。

ICFの前日には、未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、”都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

BiologyFuture CityICFMetabolismMicrobiomePeopleIndex