逆襲の秋(1)
3歳牡馬編

 秋競馬がスタートし、GIシーズンに向けての戦いもいよいよ本格化。こと3歳馬に関しては、牝馬、牡馬ともに三冠タイトルの最後のひとつをめぐる争いが熾烈さを増している。この週末には、牝馬のGI秋華賞(10月18日/京都・芝2000m)の前哨戦となるローズS(9月20日/阪神・芝1800m)に、牡馬のGI菊花賞(10月25日/京都・芝3000m)のステップレースとなるセントライト記念(9月21日/中山・芝2200m)と、それぞれタイトルの行方を占う重要なレースが行なわれる。

 振り返れば、今年の春の3歳クラシックは、牝馬はレッツゴードンキが桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)を、ミッキークイーンがオークス(5月24日/東京・芝2400m)を制覇。牡馬はドゥラメンテが、皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)、日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)の二冠を達成した。牝馬、牡馬ともに、世代を代表するにふさわしい実力馬が頂点に立った。

 だが、クラシック開幕前までは"主役"を張るだろうと目されていた馬が、牝馬も、牡馬も、それぞれ他に存在していた。気になるのは、それら春は無冠に終わった馬たちの、この秋の逆襲である。その可能性はあるのか、探ってみたい。

 牡馬戦線で言えば、当初クラシックの主役候補はサトノクラウンだった。デビュー戦を快勝すると、クラシックの"登竜門"東京スポーツ杯2歳S(2014年11月24日/東京・芝1800m)、皐月賞トライアルの弥生賞(3月8日/中山・芝2000m)と、重賞を連勝。一躍、クラシックの"本命"に躍り出た。しかし、1番人気で迎えた皐月賞は6着。巻き返しを図ったダービーでも3着に終わって、同厩舎(美浦・堀宣行厩舎)のドゥラメンテに二冠を奪取され、主役の座を奪われてしまった。

 これで、完全に脇役に追いやられてしまったサトノクラウンだが、"主役"ドゥラメンテがダービー後に骨折が判明。今秋の、3歳牡馬の有力候補として再び脚光を浴び始めている。

 順調に夏を乗り越えたサトノクラウン。その動向が注目されていたが、どうやら陣営は、3歳クラシック最後の一冠・菊花賞を目指すのではなく、古馬と激突する中距離路線を選択し、天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)を最大目標とするようだ。

 その点について、血統評論家の栗山求氏は「悪くない」という。また、持ち込み馬(海外で受胎した繁殖牝馬を日本に輸入して生まれた馬)のサトノクラウンは、父マルジュ、母の父がロッシーニと、日本にはあまり馴染みのない欧州血統。欧州血統と言えば、重厚な印象があって、軽い馬場の日本ではマイナスイメージが強いが、栗山氏は「サトノクラウンの血統は、むしろ好印象」と語る。

「サトノクラウンの全姉・ライトニングパールは、チェヴァリーパークS(イギリスGI・芝6ハロン)を勝ったスプリンター。2000m路線に矛先を向けたのは、正解でしょう。また、サドラーズウェルズとデインヒルといった典型的な欧州の血を含んだ馬は、確かに日本で苦労する傾向がありますが、サトノクラウンはこの両血脈を持っていません。母(ジョコンダII)はミスタープロスペクターの3×4、サーアイヴァーの4×4など、素軽いクロス(の血)を含んでいて、日本向きの適性があります」

 始動の予定は、10月11日に行なわれる毎日王冠(東京・芝1800m)。古馬の一線級がそろうレースで、同馬にとっては、今後を占う試金石の一戦となる。もともとサトノクラウンは、陣営がドゥラメンテと同等の評価をしていた期待馬。ここを足がかりにして、世代を超えた頂点を狙う。

 牡馬戦線にはもう一頭、クラシックの主役候補がいた。リアルスティールである。

 同馬も、デビュー戦を制したあと、2戦目で重賞の共同通信杯(2月15日/東京・芝1800m)で優勝。しかもこのレースでは、のちに二冠を達成するドゥラメンテを退けているのだ。続く皐月賞トライアルのスプリングS(3月22日/中山・芝1800m)こそ2着に敗れるも、「負けて強し」の内容で、皐月賞直前にはサトノクラウンと同等の評価を受けていた。

 しかし、リアルスティールも皐月賞では完璧なレースを見せながら、ドゥラメンテの豪脚に屈して2着。ダービーでは、レース中の骨折の影響もあって4着に沈んで無冠に終わった。

 そんなリアルスティールだが、幸いにして骨折は軽度で済み、7月下旬には放牧先で乗り込みを再開。9月に入ってまもなくすると、同馬を管理する栗東トレセンの矢作芳人厩舎に入厩した。現在は最後の一冠、菊花賞に向けて調整が進められており、ドゥラメンテに代わる3歳世代の"エース"として期待を集めている。

 実際、矢作調教師は、リアルスティールの能力を高く評価し、周囲の期待に応える自信を見せているという。

「(リアルスティールは)本質的には中距離が合っているが、ドゥラメンテがいないここでは負けられない」

 近年では、一昨年のエピファネイアが、春の無冠(皐月賞2着、ダービー2着)から、菊花賞制覇を遂げて、秋に巻き返しを見せた。奇しくも、リアルスティールの鞍上は、エピファネイアと同じく、福永祐一騎手。リアルスティールが"主役"に復権してもおかしくない。

 他で気になるのは、ブライトエンブレム。弥生賞2着、皐月賞4着のあと、大一番のダービーは、直前に脚部不安が判明して回避したが、この秋の反撃をもくろむ。セントライト記念から復帰して、菊花賞で3歳牡馬のトップを目指す予定だ。

 同馬に注目するデイリースポーツの豊島俊介記者が語る。

「復帰戦に向けて、ブライトエンブレムは順調な仕上がりを見せています。実は、ダービーも無理をすれば出走できるくらいの状態でしたが、そこをあえて自重して、秋に備えてきました。その陣営の決断が今秋、しっかりと実りそうです。また、母ブラックエンブレムも、春は前哨戦の重賞を勝って期待されながら、桜花賞10着、オークス4着と振るいませんでした。しかし、秋には秋華賞でV。当然、息子のブライトエンブレムにも、同じような軌跡をたどることが期待できます」

 はたしてこの秋、春に期待を裏切ってしまった有力馬たちのリベンジはあるのか。まずは、それぞれの復帰戦の走りを注視したい。

(つづく)

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu