(追記あり)10/13開催の「WIRED CITY 2015」、プログラム発表! #wiredcon

写真拡大

10月13日開催の都市カンファレンス「WIRED CITY 2015」のプログラムがいよいよ発表。テクノロジー、都市開発、コミュニティ。3つの視点で未来の東京を考える、都市づくりにかかわる人必見の1dayカンファレンスの見どころを紹介しよう。[2015.10.11追記:プログラム内容およびタイムテーブルに変更あり。]

「(追記あり)10/13開催の「WIRED CITY 2015」、プログラム発表! #wiredcon」の写真・リンク付きの記事はこちら

10月3日に開催するカンファレンスイヴェント「WIRED CITY 2015」は、市民として、企業として、行政として、都市づくりに関わるすべての人必見の1dayカンファレンスだ。

国内外で未来都市のヴィジョンを描く豪華スピーカーの面々と、彼らが語る内容は、以下の通り決定している。

[2015.10.11追記:急な事情により、ダン・バラシュ来日がキャンセルとなりました。代わりにニューヨークからヴィデオを通じての参加となります。時差の都合から、バラシュ氏のプレゼンテーションは、13:45〜となります。お詫びいたしますとともにご了承くださいますようお願いいたします。詳細はこちらをご確認ください。]

WIRED CITY 2015「2020からはじまる東京」

>>お申し込みはこちらから

>>詳細は特設サイトでもチェック

日時
2015年10月13日(火)13:00〜19:30(懇親会 19:30〜21:00)

会場
六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)

チケット
一般 15,000円(税別)/学生 5,000円(税別)
【2015.09.19 学生チケットは完売しました】

登壇者
マリオ・カルポ(建築史家/UCL)、豊田啓介(noiz)、須賀健人(ナイアンティック・ラボ)、tofubeats(トラックメーカー/音楽プロデューサー/DJ)、豊川斎赫(建築家/建築史家)、吉村靖孝(建築家)、角田朋哉(森ビル)林厚見(東京R不動産)、カーラ・マリア・ロススタイン(デスラボ)、ダン・バラシュ(The Lowline)、ディエゴ・タンブリーニ(オートデスク) ※登壇予定順

PART1:NEW CODE 都市は新しい「コード」を求めている

    「都市とアルゴリズム」〜マリオ・カルポ(建築史家/UCL)「領域を横断する建築(仮)」〜豊田啓介(noiz)「ゲームが都市を拡張する」〜須賀健人(ナイアンティック・ラボ

都市という名のテクノロジーをアップデートするために、ぼくらはどんな「コード」で街をプログラムし直す必要があるのだろう。

カンファレンスのトップバッターを務めるのは、建築の変遷と未来をテクノロジーの歴史の大局のなかでとらえた名著『アルファベット そして アルゴリズム』を書いた異彩の建築史家、マリオ・カルポだ。デジタル時代の建築に求められる「コード」を、マリオがひも解く。

関連記事:noiz豊田啓介が描く「新しい建築」

続いてコンピューテーショナル・アーキテクチャの第一人者・noiz豊田啓介が、デジタルテクノロジーが可能にした「領域を横断する建築」の可能性を、「INGRESS」で知られるグーグル発のヴェンチャー、ナイアンティック・ラボの須賀健人が、ゲームとAR技術が拡張する都市の姿を語る。3人のインサイトから、テクノロジーの進化によって広がる都市づくりの可能性を探っていく。

Architectural 3D model miniature downtown perspective from Shutterstock

SPECIAL SESSION:MUSIC×CITY

    「未来のTOKYOのための音楽」〜「tofubeats(トラックメーカー/音楽プロデューサー/DJ)

「WIRED CITY 2015」のために、未来の東京で流れる音楽をtofubeatsがつくってくれた。大学では都市経済を勉強していたという彼は、果たしてどんな東京の姿をイメージしながら作曲してくれたのか。カンファレンス会場でしか聴けない“未来のTOKYOのための音楽”の創作の裏側を、tofubeats自らが語る。

PART2:NEW DEVELOPMENT 「開発」を再定義するために

    「浅田孝というヴィジョン」〜豊川斎赫(建築家/建築史家)「東京を『開発』するということ」〜吉村靖孝(建築家)+ 角田朋哉(森ビル)+ 林厚見(東京R不動産)「死者と共存するために」〜カーラ・マリア・ロススタイン(DeathLab

環境や経済、人口のダイナミックな変化に、暮らし方や働き方に対する価値観の変化。時代が変われば、求められる都市開発の定義も変わってくるはずだ。

建築史家の豊川斎赫とともに、1960年代の建築運動「メタボリズム」の中心人物であった日本初の都市プランナー・浅田孝のヴィジョンを学び、建築家・吉村靖孝、森ビル・角田朋哉、東京R不動産・林厚見の3人によるこれからの東京を考える議論を通して、いま求められる都市開発のあり方を考えていく。

関連記事:死を民主化せよ〜「デスラボ」の挑戦

そしてニューヨークからは、コロンビア大学院建築学部「DeathLab」のカーラ・マリア・ロススタインが来日。都市生活のなかに、いかに「死」を民主的に取り戻すことができるのか。デスラボが描く「死者と共存する都市構想」を語る。

デスラボで行われた、人々の日々の行動や儀式の質を視覚化するプロジェクト(Jen Eletto and Kimberly V.K.H. Nguyen)。食料を買って帰宅する人々の様子を分析すると、それは出勤の行動と類似していることがわかった。生活から死を考えるリサーチのひとつである。PHOTOGRAPH COURTESY OF DEATHLAB

PART3:NEW COMMUNITY 新しい都市共同体のつくりかた

    「過去と未来が出会う場所」ダン・バラシュ(The Lowline)「都市をつくるクリエイティヴ・エコシステム」〜ディエゴ・タンブリーニ(オートデスク)+豊田啓介(noiz)

テクノロジーとインターネットは、あらゆるものを「民主化」していく。テクノロジーによって未来の都市がつくられていくならば、これからの都市づくりも人々の手に開かれていくだろう。

サンフランシスコのクリエイティヴ・コミュニティ「Pier9」

ニューヨークで世界初の地下公園の建設を目指す「The Lowline」のエグゼクティヴ・ディレクター、ダン・バラシュは市民・企業・行政を巻き込む都市づくりの秘訣を、オートデスクのディエゴ・タンブリーニは、アーティストやデザイナーが集うサンフランシスコのコミュニティ「Pier9」が生み出すクリエイティヴの生態系の姿を語る。

関連記事The Lowline〜いま求められる「公共の場」

一人ひとりが街づくりに参加できる時代の“新しいコミュニティのつくりかた”を、世界で最もクリエイティヴな2つの都市に学ぶ。

10/13@六本木アカデミーヒルズ
未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。国内外から未来の都市づくりを担うスピーカーが集う1dayカンファレンスが開催! チケットのご購入はこちらから。

TAG

CityEventFuture CityWIRED CITYWIRED Conference