出場停止処分中のネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブラジル代表の指揮官ドゥンガ監督が17日、10月に開催されるワールドカップ予選の招集メンバーを発表した。

 バルセロナのFWネイマールはコパ・アメリカのコロンビア戦で相手選手にボールを蹴りつけ4試合の出場停止処分を受けており、処分が継続している同選手は代表メンバーから除外された。また、パリ・サンジェルマンのDFチアゴ・シウバ、オーランド・シティのMFカカも招集外となっている。

 一方、チェルシーのMFオスカールが代表復帰を果たし、リバプールのMFコウチーニョ、バイエルン・ミュンヘンのドグラス・コスタ、ゼニトのFWフッキらが選出されている。

 招集メンバー23名は以下。

GK
アリソン(インテルナシオナウ)
マルセロ・グロイ(グレミオ)
ジェフェルソン(ボタフォゴ)

DF
ファビーニョ(モナコ)
ジウ(コリンチャンス)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー)
ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン)
マルセロ(レアル・マドリー)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
ミランダ(インテル)
ラフィーニャ(バイエルン・ミュンヘン)

MF
レナト・アウグスト(コリンチャンス)
コウチーニョ(リバプール)
エリアス(コリンチャンス)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
ルイス・グスタボ(ヴォルフスブルク)
ルーカス・リマ(サントス)
オスカル(チェルシー)
ウィリアン(チェルシー)

FW
ドグラス・コスタ(バイエルン・ミュンヘン)
フッキ(ゼニト)
ルーカス・モウラ(パリ・サンジェルマン)
フィルミーノ(リバプール)

text by 編集部