Timexの新スマートウォッチも「まるで時計」

写真拡大

Timexは、同社の伝統的なストップウォッチ付き腕時計のデザインを採り入れたスマートウォッチ「Metropolitan+」を発表した。フィットネストラッカー機能を、スタイリッシュに提供する製品だ。

「Timexの新スマートウォッチも「まるで時計」」の写真・リンク付きの記事はこちら

Timex(タイメックス)は、香港で開催された「Qualcomm 3G/LTE Summit」で、同社初のアナログスマートウォッチ「Metropolitan+」を発表した。

フランス企業Withingsのスマートウォッチ「Activite(日本語版記事)」など、ファッションを意識したスマートウォッチが最近、数多く発表されているが、それらと競合する製品だ。

Timexは、Metropolitan+により、ネットワーク接続されたウェアラブル機器分野に「再進出」すると宣言した。同社は2014年8月に、角張ったデザインで、ランナー向けの機能がすべて揃ったデジタルウォッチ「Timex IRONMAN ONE GPS+」を発表している。ONE GPS+は、AT&Tのデータプランが用意され、4GBのストレージと内蔵型音楽プレーヤーを搭載。速度や距離、ペースをリアルタイムで追跡する。水深50mまでの耐水機能も備えている。

だが、ONE GPS+が効率性を追求しているのに対し、Metropolitan+はスタイルを重視しているようだ。Timexの伝統的なストップウォッチ付き腕時計のデザインを採り入れており、右側に2つのリュウズ、盤面に2つのダイヤルがある。このダイヤルで、活動目標の達成率を表示したり、モード変更したりできる。

Withingsのスマートウォッチ「Activite」と「Activite Pop」も、アナログ式の盤面にあるダイヤルを使って、毎日の活動目標の達成率を表示する。これは、盤面を見れば情報が一目でわかるだけでなく、すっきりとしたデザインを保つのにも役立つ。また、1時間おきに専用のモバイルアプリを開いて達成率を確認する手間も省けるデザインといえる。

TAG

Arstechnica USDesignGadgetSmartwatchTimex