丸山祐市【写真:Getty Images】

写真拡大

 FC東京は17日、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節の横浜F・マリノス戦に向けて練習を行った。

 W杯アジア2次予選で日本代表に初招集された丸山祐市は、ハリルジャパンで過ごした時間について「海外組の人もいたし、刺激的で充実していた」と振り返った。

 追加招集だったとはいえ、何かを得ようと心がけたという。

「代表の選手としてしっかりやらなくちゃいけないというのはもちろんありましたけど、自分の成長の部分も考えた。ちょっとずつステップアップしたい」

 今後も日本代表に選出され、定着していくにはクラブで結果を残すことが重要だ。今節対戦する横浜FMも前線に能力の高い選手が揃う。中でも丸山が警戒するのが中村俊輔だ。「トップ下で自由にさせたらいいパスが出てくると思う。ボランチと最終ラインをコンパクトにすることだったり、声かけも重要になってくる」と対応策を述べた。

 そして、セットプレーはFC東京の武器であり、横浜FMのストロングポイントでもある。ターゲットマンとしての競り合いに関して丸山は「僕はそこまで強くないので、そういうのは森重選手とか…」と謙遜したが、こうも話した。

「点で合えば、ちょっとでもマークを外せれば得点に繋がる。攻撃もそうだし、守備もしっかりついていく気持ちでやっていこうと思う」

 守備では相手の進撃を食い止め、セットプレーからの得点も密かに狙っていくつもりだ。

text by 編集部