「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」国立新美術館で開催 - 初期から最新プロジェクトまで

写真拡大

イッセイ ミヤケを立ち上げた、三宅一生の展覧会「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」が国立新美術館で開催される。期間は、2016年3月16日(水)から6月13日(月)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

衣服は、時代と共に移りゆく「ファッション」として存在するのではなく、私たちの生活と密接に結びつく「デザイン」であると考える三宅一生。既成の枠にとらわれない自由な発想のもと、伝統的な技術や職人技を最新のテクノロジーと組み合わせることで革新性と着心地のよさを兼ね備えた衣服を生み出し続けている。

本展では、初期から最新プロジェクトまでの全仕事を通して、三宅のものづくりに対する考え方やデザインアプローチを紹介。今なお進化し続ける三宅の服づくり、また未来に向けた更なる創作の可能性を探る。

会場は、大きく三つの部屋で構成されている。「ルーム A」では、三宅の原点ともいえる1970年代の服を展示。刺青の図柄を用いた第二の皮膚ともいえるジャンプスーツ、バイアス地の正方形の布を三枚組み合わせた異なる身体サイズに対応可能なハンカチーフ・ドレス、一枚の布からつくられ身体にふわりとはおるコクーン・コート、生地の幅いっぱいに裁断した麻のジャンプスーツなどを展示し、三宅の服づくりの根底にある「一枚の布」というコンセプトや、布と身体の間の空間についての探究を明らかにする。

「ルーム B」では、1980年代三宅の中心的な課題となった、身体に焦点を合わせた服のシリーズを紹介。従来衣服には用いられてこなかった、繊維強化プラスティックや合成樹脂、ラタンなどを用い、まるで彫刻作品のような、流れるような曲線と滑らかなフォルムを形作った。作品を通して、一枚の布がつくりだすかたちへの飽くなき探求と、それを可能にするテクノロジーとの融合や、伝統工芸の手技を体感することができる。

「ルーム C」では、いくつかのテーマに分類して、三宅の最も革新的な側面を解説する。その中では、三宅の服づくりにおいて重要な位置を占める「製品プリーツ」の制作過程を実際に見ることのできる展示も予定している。1990年代初頭、ウィリアム・フォーサイス率いるフランクフルト・バレエ団のために考案された身体の動きを解放し、丈夫で実用性の高いプリーツをはじめ、1993年に誕生したプリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)、藤原大と共に開発したA-POC、2010年に発表された132.5 ISSEY MIYAKEなどの作品を展覧し、遊び心溢れるデザインとそれらがもつ魅力について紹介する。

本展に際し、佐藤卓のディレクションのもと「立動アプリ」「音声ガイドアプリ」という2つのアプリを制作。

「立動アプリ」は、起動させてチラシにかざすと、不思議な立体(AR/ 拡張現実)が動き出し、好みのシーンで写真撮影も可能。オリジナルのベストショットを友人に送ることもできる。

一方、「音声ガイドアプリ」は、ゲストナレーターにピーター・バラカンを迎え、展示作品の中から厳選した20作品を分かりやすく解説。自由な精神から生まれた衣服にひそむ数々のエピソードを聞くことができ、さらに観覧後は、展示全作品を収めた公式カタログとあわせて楽しむことができる。どちらも、App StoreまたはGoogle Playで入手することができる。

【開催概要】
MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事
開催期間:2016年3月16日(水)〜6月13日(月)
開催場所:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
休館日:毎週火曜日
※ただし、5月3日(火・祝)は開館
開館時間:10:00〜18:00
※金曜は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
観覧料:一般 1,300円(1,100円) 大学生 800円(500円)
※()内は前売りまたは20名以上の団体料金
※高校生、18歳未満(学生証または年齢のわかるものが必要)、および障害者手帳持参者(付添の方1名を含む)は入場無料。
※団体券は国立新美術館でのみ販売

■「MIYAKE ISSEY 展: 三宅一生の仕事」関連アプリ
・立動アプリ 無料
・音声ガイドアプリ 500円(二か国語対応 日本語 / 英語)」

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)