スタート2ホール目の11番でバーディが先行し幸先良いスタートを切った平塚哲二(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ANAオープン 初日◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 昨年10月の「トップ杯東海クラシック」初日に棄権して以来、約1年ぶりのツアー復帰。左肘の故障から帰ってきた平塚哲二が5バーディ・2ボギーの“69”で回り、首位と3打差3アンダーの7位タイで滑りだした。
ここまでの男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 スタートホールはさすがに緊張を隠せなかった。「不安だらけ。どこ飛んで行くかなと思ったけど、ど真ん中に行ってくれた」と10番からティオフすると、久々のツアーにも関わらず元来のパット巧者ぶりを発揮した。
 11番で約6メートルを放り込むと、15番では約10メートルのロングパットを決めてバーディ。16番はボギーとしたものの、17番でチップインバーディを奪って折り返すと、後半も1つスコアを伸ばして復帰初日を好位置でフィニッシュ。「上出来じゃないですか?」と60台でのラウンドは復帰戦としてはもちろん大満足だ。
 2年ほど前から違和感を覚えていた左肘の手術を行ったのが今年の2月。ボールを打ち出したのは5月に入ってからだが、6月に入ると再び痛みが出て練習を中断。本格的にプレーができるようになったのは夏場を迎えてからだった。その間は下半身を中心としたトレーニングを積み重ねる日々。大好きなお酒で落ち込みそうになる気持ちを紛らわしながら、復帰の時をじっくりとまった。
 JGTOの定める特別保証制度により今季出場可能なのは5試合のみ。その間に約54万円を積み重ねて昨年のシードラインをまず突破しても、秋のビッグトーナメントに出場できる保証はない。来季開幕まで復帰を遅らせて、改めてシードに向かって再スタートを切るという選択肢もあった。いや、むしろそのほうが楽だったはずだ。だが、平塚は帰ってきた。
 「1週間ゴルフをしても大丈夫だし、出来る限り出たいと思った。来年にかけるより今できることをやりたかった」。アジア、国内を股にかけて試合に出まくっていた“鉄人”。じっとしてはいられない男が1年も家にいて、もはやゴルフへのモチベーションは溢れ出しそうだった。
 左肘の痛みは完全になくなったわけではなく、その影響から体のバランスも崩れて別の箇所に痛みが出ることもある。だけどゴルフで結果が出れば、それがなによりの薬になる。「このまま優勝出来たらそれが一番。こっそりね(笑)うまくいけばですよ?」。あえて厳しい道を選んだ不屈の男は、いたずらに笑った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】武藤俊憲の7000万円をつかみとったセッティング
【Gボイス】丸山茂樹が五輪HCに正式決定 では女子のコーチは誰がいい?