<ANAオープン 初日◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 スタートの10番ティで「今日が24歳の誕生日です」とコールされて照れ笑い。「でもあれで初日の緊張が少し和らいだ」。ANA所属のホストプロで24歳初ラウンドとなった石川遼は6バーディ・2ボギーの“68”で回り、首位と2打差の4位タイと今季国内ツアー初参戦で好スタートだ。
遼と堀川のマッチプレーを写真で振り返る!
 大会前に掲げた“攻めの姿勢”を最後まで貫いた。「年々刻むホールが増えていて去年は半分くらい刻んでいた」という難関輪厚。しかし、この日は積極的にドライバーを握り300ヤード先のフェアウェイだけを貪欲に狙い続けた。11番でバーディを先行させると続く12番パー5もティショットでドライバーを打ってバーディ。13番はボギーとしたものの、バックナインに入って攻めの姿勢はさらに鮮明になった。
 1番では「あれが今日一番良かった」という会心のティショットをフェアウェイに突き刺した。411ヤードのパー4は打ち下ろしながらセカンドショットは50ヤード。300ヤードをゆうに超えるティショットをバーディにつなげてみせた。6番ではティショットが左に曲がりOBかと思われたが、木にあたってラフに出てくるラッキーもあった。残り240ヤードを6番ウッドでチャンスにつけると、「誕生日プレゼントみたいなバーディ」と苦笑いを浮かべたが、そのプレーには石川遼らしさが存分に詰まっていた。
 24歳・未年(ひつじ)。年男となった今年は前厄に突入する。「25歳になるまでの1年をいい年にしたい。やはりPGAツアーでの優勝が目標」。その鍵となるのは、やはり厄をも振り払うドライバーショット。「ドライバー・イズ・ショーというけれど、僕もドライバーに魅了された1人。アメリカでは曲げた時の罰が大きくて気持ちで負けていたけど、もう一度ドライバーにこだわっていきたい」。
 決意を新たにしたのは実は先週だった。「片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」で堀川未来夢と対戦し1ダウンで敗れた初戦。「18番で右林に打った時に異変を感じた。どこか違うなと。曲がると思っていなかったところで曲がった時に、スイングが小さくなっていると思った」。たった1度のマッチだったが、気づかせてくれたものは大きかった。
 「意識しだして先週よりはボールに力を伝えられていると思う。ねじれと回転で飛ばせているし、結果的にタイミングも合ってきている」。初日に出た結果に自信は確信に変わった。「明日もドライバーで攻めていければバーディチャンスは多く作れると思う。振りきれば前向きにやっていける」。原点回帰とも言える攻めを北の大地に刻みこむ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】武藤俊憲の7000万円をつかみとったセッティング