鯖江の眼鏡をかける小泉進次郎氏

写真拡大

地方の隠れた名品を取り上げ、表彰する「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」の概要発表会が2015年9月17日に都内で行われ、後援する内閣府から小泉進次郎政務官が出席した。

小泉氏は「なんとかオブ・ザ・イヤーはたくさんあるが、いつかは一番に『ふるさと名品オブ・ザ・イヤー』が出てくるようになってほしい」と期待を語った。

民間の力で地域活性化

初開催の「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」は23の部門賞と地方創生賞が設定され、各地域に眠る名品や取り組みなどを表彰する。実行委員会はJTBやヤフー、電通などの企業で構成され、民間の力を地域活性化につなげる狙いだ。

会場には各地の特産品が展示された。小泉氏は「鯖江の眼鏡」で知られる福井県のブリッヂコーポレーション(本社・越前市)が開発した鼻パッドがなく、顔の頬骨でフレームを支えるというユニークな眼鏡を紹介。実際にかけてみせ、「すごく軽い」と驚いた。そのほか地元・神奈川県の取り寄せグルメなどを紹介し、「まだ発掘されていないヒト、モノ、コトに注目が集まってほしい」と語った。

15年12月までに各部門の募集が行われ、16年2月に表彰が行われる予定だ。