内閣官房の地球温暖化対策推進本部事務局が、29日に政府でまとめられた「京都議定書目標達成計画」案について、意見を募集している。同計画案は、2005年2月に発効した京都議定書の中で、日本が約束した二酸化炭素などの温室効果を発生させるガスの削減目標を確実に達成するための指標。08年から12年の間に6%削減する。

 同計画案は、「対策が遅れれば遅れるほど、短期間で大幅な削減を達成するための措置を講じなければならなくなる」ため、「現在開始できる対策・施策を直ちに実施」し、確実な削減を図るとしている。

 同計画案に対する意見は、4月13日の午後5時までホームページ上とFAXで受け付けている。郵送による提出は不可。【了】