<ANAオープン 初日◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『ANAオープン』は初日の競技が終了。来年1月に50歳を迎えるプラヤド・マークセン(タイ)が7バーディ・1ボギーの“66”で回り、6アンダーで単独首位に立った。
 1打差の5アンダー2位タイには池田勇太、武藤俊憲の2人がつける。続く4アンダー4位タイには今季国内ツアー初出場の石川遼、谷口徹、松村道央の3人が並んだ。さらに前年覇者の宮本勝昌、平塚哲二、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、今平周吾の7人が3アンダーで7位タイとした。
【初日の結果】
1位:プラヤド・マークセン(-6)
2位T:池田勇太(-5)
2位T:武藤俊憲(-5)
4位T:石川遼(-4)
4位T:谷口徹(-4)
4位T:松村道央(-4)
7位T:宮本勝昌(-3)
7位T:平塚哲二(-3)
7位T:今平周吾(-3)
7位T:マイケル・ヘンドリー(-3)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】丸山茂樹が五輪HCに正式決定 では女子のコーチは誰がいい?
国内ツアー今季初登場の石川遼、PGA入れ替え戦活躍の岩田寛に刺激
【WITB】武藤俊憲の7000万円をつかみとったセッティング