<ANAオープン 初日◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 『ANAオープン』で今季国内ツアー初登場の石川遼は、ホスト大会の初日を6バーディ・2ボギーの“67”でラウンド。4アンダーで初日を終えた。
 前半のINコースでは連続バーディで好発進を切るも途中伸び悩み1アンダーで折り返した。しかし、後半では1番でバーディを奪うと3番、6番、さらに最終9番でもバーディを重ねフィニッシュ。1つボギーは叩くも3つ伸ばし、首位と2打差で初日を終えた。
 過去この大会で結果を出せていない石川だが、今年は初日から優勝争いに加わった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】武藤俊憲の7000万円をつかみとったセッティング
復活の“鉄人” 平塚哲二が約1年ぶりのツアー復帰