「開花宣言標準木」のソメイヨシノを取材する報道陣=30日午後3時、東京・九段の靖国神社で(撮影: 佐藤学)

写真拡大

東京気象台の職員が30日午後、観測の目安に使われる靖国神社(東京・九段)境内のソメイヨシノに1輪の花が開いているのを確認した。各地気象台が開花宣言を出すには標準木として指定した1本の木に最低5〜6輪の開花が確認される必要がある。

明31日午前10時または午後3時の開花状況しだいで、東京にサクラ開花宣言が出されるもよう。境内には宣言が待ちきれず、様子を見に訪れたお年寄りやマスコミ関係者の姿が目立った。

東京の平年の開花宣言は3月28日だが、昨年は11日早かった。【了】