奇跡の逆転ゴールを叩き込み、ホームの万博競技場を埋めたサポーターを狂喜乱舞させた米倉【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

写真拡大 (全2枚)

サッカー人生のターニングポイントを迎えた2013年

 9月16日に行われたACLの準々決勝第2レグ。後半アディショナルタイムの劇的な決勝ゴールで全北現代(韓国)を3対2で撃破したガンバ大阪は、7シーズンぶりにベスト4へ駒を進めた。敗退濃厚の状況を一変させるヒーローとなったDF米倉恒貴は、攻撃的MFからサイドバックにコンバートされてまだ3シーズン目。遅咲きの才能を開花させ、日本代表でも初キャップを獲得した27歳の軌跡を追った。

----------

 開幕ダッシュに失敗した上に、主力選手が故障で離脱する。チームを襲った緊急事態が自らのサッカー人生のターニングポイントとなるとは、当時の米倉にとっては夢にも思わなかったはずだ。

 2013年3月31日。ホームにギラヴァンツ北九州を迎えたJ2第6節。11位に甘んじていたジェフユナイテッド千葉は、右サイドバックとして開幕から5試合連続で先発フル出場してきた高橋峻希(現ヴィッセル神戸)を故障で欠いて臨むことになった。

 果たして、代役は誰になるのか。鈴木淳監督(当時)が指名したのは、それまでサイドハーフとして同じく5試合連続で先発してきた米倉だった。

「僕がひとつ下がって、という感じだったんですけど」

 練習では何度か経験があったものの、実戦では文字通りのぶっつけ本番となる。求められる仕事も、目に映る光景も、サイドハーフとサイドバックとではすべてが異なる。

 青天の霹靂だったのでは、という質問をぶつけたことがある。米倉は「そうですね」と苦笑いを浮かべながら、2年半前に抱いた偽らざる本音を打ち明けてくれた。

「そのときは背番号も『11』だったので、『11』番でサイドバックって何なんやという感じでしたけど…」

 もっとも、実際にキックオフを迎えればボヤくことも、泣きごとを言うことも許されない。守備で体を張った上で、自身のストロングポイントを前面に押し出していくしかない。

 いい意味で開き直り、闘うことができるのが米倉の最大の武器といっていい。6ゴールを奪って快勝したギラヴァンツ戦。積極果敢なオーバーラップから放つクロスで、開始4分の先制弾につながるチャンスを演出し、後半終了間際のMFジャイールのダメ押弾をアシストしたのは米倉だった。

 マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍とともに、米倉は右サイドバックとして完全に定着。けがから復帰した高橋は左サイドバックに回っている。

ジェフ千葉での活躍に熱視線を送ったG大阪

 不慣れなポジションながら、このシーズンでマークしたゴールは「6」を、アシストに至っては「13」を数えた。千葉の強豪・八千代高校からジェフに加入して7シーズン目にして、米倉は自らの体に脈打つ新たな可能性に気がついたという。

「やってみたら、これが楽しいんですよ。自分の攻撃力が意外と生きるし、守備の持ち味でもあった1対1の強さというものも出せる。試合を重ねていったなかで、サイドバックとしてもっと、もっと上を目指したいという気持ちになったんです」

 そして、サイドバックとして覚醒していく米倉を、同じJ2の舞台で目の当たりにしていたのがガンバだった。

 当時のガンバはトラウマと懸案事項を抱えていた。まさかのJ2降格を喫した2012年シーズン。不動の右サイドバック加地亮(現ファジアーノ岡山)が故障を繰り返し、わずか16試合の出場に終わったことで、攻守両面で右サイドが機能不全に陥っていた。

 加地の後継者となる人材を、急いで探さなければならない。さらに、加地自身は現役生活を海外リーグへの挑戦で終えたい希望を抱いていた。

「オファーがきたときには甘えさせてほしい」

 実際に契約更改の席でフロントにこう要望して、梶居勝志強化本部長も長くチームに貢献してきたベテランの意思を尊重する方針を固めていた。

 そうした状況下で、ジェフで米倉が右サイドバックにコンバートされた。0対3の完敗を喫した7月7日の直接対決では、前半12分に鮮やかな先制ゴールも決められている。

 梶居強化本部長は、2014年シーズンへ向けた補強リストの筆頭に米倉の名前を書き記すことを決めた。

「実は以前から、米倉のことは注目していました。2013年シーズンの途中から右サイドバックにコンバートされたことで、鍛えれば十分にいけるという考えのもとで、常にプレーをチェックしてきたんです」

ポジション争い、長期離脱もポジティブにとらえる

 2013年シーズンを終えた時点で、米倉はJ1を27試合しか経験していない。ルーキーイヤーだった2007年シーズンの途中からは、セカンドチームであるジェフリザーブスの一員としてJFLを戦っている。日本代表においても、U‐20代表候補に名前を連ねただけだった。

 それでも、複数のオファーのなかからガンバを新天地に選んだ米倉は、未来を確信しているかのように、こんな抱負を残している。

「日本代表のことは常に意識しているし、日本代表にいけるチームにきたと思っている」

 迎えた2014年シーズン。J1に復帰したガンバでの序盤戦は加地のリザーブに甘んじ、3月下旬には右ひざのじん帯を痛めて約2ヶ月間の戦線離脱も強いられた。

 いきなり直面した試練を、しかし、米倉はポジティブにとらえていた。

「いろいろなサイドバックの選手がいるので、それぞれのよさをちょっとずつでも盗めるように意識していました」

 ガンバで雌伏すること約半年間。フロントとの約束通りに、加地がMLSのチーヴァス・USAに移籍した右サイドバックの穴を埋めて余りある活躍を演じたのは米倉だった。

 ワールドカップ・ブラジル大会による中断明けからレギュラーの座をつかむと、思い切りのいい攻撃参加と、ジェフ時代から「フィジ倉」とあだ名された身体能力の高さを存分に発揮。攻守両面で右サイドを活性化させて、史上2チーム目となるガンバの三冠獲得に貢献した。

 右肩上がりの成長曲線を描いた米倉のパフォーマンスに、梶居強化本部長は「これくらいはやってくれると考えていました」と目を細めている。

「もう一人、2013年シーズンに補強していたオ・ジェソクが左右のサイドバックを十分にこなせるメドが立ったことで、藤春廣輝を含めて、いい意味での競争が生まれました。誰がピッチに立っても同じレベルで戦えるようになりましたし、そういうチームを目指してきたなかで、いい流れが生まれましたよね」

東アジアカップでアピール。W杯2次予選にも名を連ねる

 5月に27歳となった今シーズン。藤春とともにガンバの両翼を担っている米倉に、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督も注目する。

 国内組だけで臨んだ8月の東アジアカップに招集され、中国代表との第3戦で初キャップを獲得した。もっとも、ポジションはガンバとは異なる左サイドバックだった。

 右サイドバックとしてのキャリアを積み重ねて3年目。逆サイドでプレーすることへの葛藤はなかったのだろうか。米倉は「それはないですね」と即座に否定している。

「僕自身、昔からいろいろなポジションでプレーしてきている。ここはできて、ここはできないと言うのではなくて、与えられたポジションでしっかりと自分を出していくのがプロだと思っているので」

 果たして、中国戦では果敢な攻撃参加からMF武藤雄樹(浦和レッズ)の同点ゴールをアシストする。違和感を覚えても不思議ではない状況で、物怖じすることなくプレーした90分間。ぶっつけ本番で右サイドバックとして先発し、一発回答を弾き出した2年前のギラヴァンツ戦をほうふつとさせる。

 カンボジア代表、アフガニスタン代表と対戦した先のワールドカップ・アジア2次予選でも米倉を招集したハリルホジッチ監督は、選出理由をこう説明している。

「東アジアカップで彼が見せてくれたパフォーマンスによって選んだ。試合だけでなくトレーニングでも、彼は闘う姿勢をすごく見せてくれた。いいプレーをすれば代表に入れるというメッセージになる」

自身の原点に戻ったヨーロッパ組との時間

 もっとも、及第点を与えられた中国戦のパフォーマンスに、米倉は満足していない。

「初代表ということで、攻撃面でいいところを出そうとアグレッシブにいきましたけど、守備の部分で疎かにした部分がけっこうあった。サイドバックでプレーする以上は、まずは守備ありき。これからは(中国戦のようなプレーは)許されないと思うし、しっかりと守備をしてから、バランスを考えながら自分のよさを出すことを意識していきたい」

 ワールドカップ予選における左サイドバックは、2試合とも長友佑都(インテル)が先発フル出場。長友の控えとしてスタンバイしていた米倉に、出場機会は訪れなかった。

「守備のときの体の向きの違いこそありますけど、攻撃に関しては右でも左でも特に問題はありません」

 左サイドバックをポジティブに受け止めている米倉は、長友をはじめとするヨーロッパ組と初めて同じ時間を共有した9日間で、自身の原点に戻って彼らの一挙手一投足を見つめていた。

「長友さん? いや、もう全然ですよ。海外のトップリーグで、トップレベルのプレーをしている選手なので。少しでもいいところを盗めればいいかなと」

奇跡の逆転ゴールを生んだ“ファイターのオーラ”

 奇跡の余韻がまだ残る16日のACL準々決勝第2レグ。守備力で勝るオ・ジェソクに先発を譲った米倉は後半20分から、FWリンスとともに攻撃を活性化させる役割を担ってピッチに投入された。

 状況は1対1。敵地で行われた第1レグはスコアレスドローに終わっている。アウェイゴールの関係で、ガンバは韓国チャンピオンの全北現代に勝たなければ準決勝に進めない。

 後半31分に倉田秋のミドル弾でガンバが勝ち越すも、同43分に全北現代が同点に追いつく白熱の展開。その直後から、長谷川健太監督は米倉に中盤の位置でプレーするように指示している。

 そして、4分間が表示されたアディショナルタイムも、3分に達しようとしたときだった。MF遠藤保仁の縦パスを受けたDF金正也が、振り向きざまにスルーパスを送る。

 あうんの呼吸で反応したのは米倉。オフサイドにならないように斜めにラインを取り、直後に相手ゴール前へ舵を切る。追走してくる相手DFのプレッシャーに体勢を崩し、最後は倒れながらも左足でボールをヒット。奇跡の逆転ゴールを叩き込み、ホームの万博競技場を埋めたサポーターを狂喜乱舞させた。

「攻めるしかなかったので、最後は気持ちで押し込みました」

 普段はとてもシャイで、声も小さくなりがちのイケメンが、ひとたびピッチに立てばファイターのオーラを身にまとう。予想もしなかったターニングポイントを経てからまだ2年半。スピードとスタミナ、そして得点感覚をもその体に秘めた遅咲きのサイドバックが、未知数の可能性を開花させていく。

text by 藤江直人