写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(EF)の研究部門、EF留学総合研究所は9月16日に、社会人を対象としたグローバル人材に関する独自調査の結果を発表した。調査は、8月17日〜23日にインターネット調査にて、社会人100人に対して実施されたもの。

調査の結果、回答者の91%が「グローバル人材になりたい」と答え、また、グローバル人材に必要なスキルとしては「違う国の文化や習慣を理解する力(89%)」が最も高かった。続いて「コミュニケーション能力(86%)」「語学力(80%)」という結果に。また、海外で活かせる日本人の強みとしては「礼儀正しさ(61%)」が最も高い割合となり、「時間の正確さ(58%)」「おもてなし精神や気遣い(52%)」の順となった。

本調査の結果を踏まえ、EF留学総合研究所・上席研究員の小池浩氏は次のように見解を示した。

「今回の結果で、回答者の91%がグローバル人材になりたいと答え、また、89%が"違う国の文化や習慣を理解する力"がグローバル人材には最も必要なスキルだと回答。同項目を"日本人の強みである"と回答したのは、わずか15%。つまり、ほとんどの回答者は、グローバル人材に最も必要なスキルが備わっていないと認識しているようだ。留学は若いうちに行くべきだという風潮があるが、社会人こそ留学に行くべきかもしれない」