17発完勝のU-15日本代表戦を元朝青龍氏が観戦「めっちゃくちゃ!!」

写真拡大

[9.16 AFC U-16選手権予選 U-15日本代表 17-0 U-15モンゴル代表 ウランバートル]

 AFC U-16選手権予選が16日に開幕し、モンゴルの首都・ウランバートルのMFFフットボールセンターでU-16日本代表(00ジャパン)は地元のU-15モンゴル代表と対戦し、17-0の完勝を果たした。

 この日の試合を元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(34)が現地で観戦した。自身の『Twitter』で写真を交えて投稿している。

 試合が行われたMFFフットボールセンターは2007年8月、怪我を訴えて夏巡業の不参加を訴えていた朝青龍が元日本代表・中田英寿氏らとサッカーをしていたことで、仮病ではないかとバッシングを受けるきっかけとなった地だった。

 “因縁の地”を訪れた元横綱は「日本対モンゴル!!U16 あのサッカー問題したサッカー場笑」(原文ママ)と自撮り写真を投稿。前半だけで10-0だった試合に驚いた様子で、ハーフタイムには「めっちゃくちゃ!!10-0」と10-0と書かれたスコアボードの写真も投稿した。

 また、試合後には国際サッカー連盟(FIFA)の理事を務める日本サッカー協会の田嶋幸三副会長との写真も公開。母国は大敗を喫したものの、田嶋氏とともに若き選手たちが戦う姿を観戦。楽しいひと時を過ごしたようだ。

[写真]2009年当時の元横綱朝青龍氏