東日本大震災の復興支援を趣旨としたサイクリングイベント「ツール・ド・東北」が、9月13日に宮城県の石巻市から気仙沼市にいたる三陸海岸沿いで行なわれた。3回目の開催となるが、すでに国内有数の人気自転車イベントとして定着し、狭き門となる出場枠を抽選によりゲットしたサイクリスト3478名が参加した。ツール・ド・東北の魅力とは何なのか、それを探るために現地に足を運んだ。

 同イベントの主催はヤフーと、開催エリアの地方紙である河北新報社だ。ネットメディアの雄と地元に根づいた活字媒体がコラボレーションしている点も注目だが、サイクリングイベントだけにこの世界の実力者がアドバイザーとして加わり、自転車特有のイベント運営にノウハウを提供しているところが参加者に信頼と安心感をもたらしている。この日も五輪代表経験のある元ロード選手・宮澤崇史、元MTB選手・竹谷賢二らが参加者と言葉を交わしながらコースを走っている。

 過去2年の開催と同様に、東日本大震災の震源地に近い石巻市をメイン会場としたが、3回目の開催となる今回はおよそ100キロ北上した宮城県北部の気仙沼市をスタートし、石巻を目指すワンウェイコースも新設された。石巻を発着として気仙沼までを走る往復コースは200キロを超える距離となり、日常的に自転車の練習をしていないとこなせないからだ。今イベントには、大会広報大使を務めるモデルの道端カレンや、アメリカのキャロライン・ケネディ駐日大使も参加した。

 気仙沼のスターターを務めたのは、パラリンピックで活躍する佐藤真海だ。気仙沼市出身。出産後4ヶ月で、まだ赤ちゃんの面倒をみなければならないため今回の実走はなかったが、「この大会で沿道の人とふれあうことで、東北の魅力を感じてくれた人がその後も東北を訪れてくれるのがうれしい」と語った。

 ケネディ大使は昨年に続いての参加で、昨年は石巻を発着とする65キロのコースを完走した。

「(昨年は)気仙沼まで足を運べなかったのが残念だったので、今年は気仙沼をスタートするコースに挑戦しました」

 アップダウンの連続する三陸海岸沿いのコースは厳しかったはずだが、ゴール後は、「参加できてとてもよかった。すごく楽しい経験をさせてもらった」と笑顔。

「沿道で声をかけてくれるボランティアのみなさんに、まずは感謝したい。東北の景色を楽しみながらも、復興の精神をひしひしと感じることができた。もちろん来年も走りますよ」

 道端は第1回からの出場で、過去2回は最長コースに挑んでいる。大会の広報大使を務めていることもあり、今回は注目の集まる新設コースを走ることになったが、日常から自転車のトレーニングを積み重ねていることは、その走りを見れば分かる。時速40キロ超のスピードでアップダウンばかりの三陸リアス式海岸を走り、点在するエイドステーションでは地元の人がもてなす料理を口にして、「おいしい」と連発した。

 被害の大きかった三陸海岸を自転車で走ることによって、被災地の「いま」を感じることができる。震災直後は瓦礫が散らばり、道路も亀裂ばかりで補修も追いつかないほどだった。しばらくして大がかりな整備が始まり、土砂を積み込んだダンプの往来で路面は土色に。土盛りはできるものの、町に生活感はなかなか戻らない。

 そんな「いま」の、ありのままの姿を見てもらうために、このサイクリングイベントは年に一度行なわれている。確実に全国から集まってきた参加者と現地の人との新たな交流の場となっていると、主催者は手応えを感じているという。この日も家の前の沿道に繰り出し、声援を送る地元の人たちの姿が途切れることなく確認できた。ボランティアとして参加している人も多かった。自分の力だけで町々を突き進んでいく自転車という移動手段に、「頑張れ」と声援せずにはいられないという。

 参加者の人にとっても、「自転車という移動手段は、見知らぬ町と接するにはちょうどいいスピード」との声が多い。そこに、何があるかを感じ取る。興味が引くものがあったら、ブレーキをかけて引き返してもいい。地元の人にも自転車にまたがっていると、なぜか声をかけやすい。

「仮設住宅に住んでいる人たちが沿道で、『私たちのことを応援してくださってありがとうございます。今日は頑張ってください』と声をかけてくれた。応援のために参加したのに、逆に応援をいただいて胸が熱くなりました」と、岩手県から参加した23歳の女性。

 主催するヤフーの宮坂学社長は、「10年以上の継続性をもってこのイベントに取り組んでいく」と、同社としてのバックアップを約束している。もちろん、年に一度のイベントを待たなくても、分解して袋に詰めれば意外と簡単に自転車とともに東北地方を訪れることができるので、ひとりでサイクリングしてみるのもいい。

「応援に来たつもりが応援されていた」。復興支援と固く考えることなく行ってみるのもいい。自分自身も見つめ直す機会になるような東北サイクリングなのだった。

山口和幸●取材・文 text by Yamaguchi Kazuyuki