<ANAオープン 初日◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 ホスト大会の『ANAオープン』で今季国内ツアーに初登場した石川遼。大会初日の前半は2バーディ・1ボギーの1アンダーでラウンドし、28位タイとしている。
 この日、INからスタートした石川は幸先よく11番、12番で連続バーディを奪取したが、その後続かず13番でボギーを叩き1アンダーに。さらに6ホールはスコアカード通りの数字を並べ1アンダーのまま前半を終えた。
 好発進を切った石川だったが、途中から我慢の展開に。それでも前半を終えた時点で首位との差は3ストロークのみ。後半で十分追いつくことが出来る。久々の国内ツアー初日はどんなかたちで終えるのか?
 ちなみに現時点では谷口徹、武藤俊憲、松村道央の3人が4アンダーで首位に立っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】武藤俊憲の7000万円をつかみとったセッティング
年間王者へ望みをつなげるか 松山英樹はリラックスムードで最終調整
【Gボイス】丸山茂樹が五輪HCに正式決定 では女子のコーチは誰がいい?