キレッキレの門脇麦に北川景子はどう立ち向かうのか「探偵の探偵」今夜最終話

写真拡大 (全4枚)

“紗崎玲奈へ

峯森姉妹死んじゃうよ
咲良みたいに見殺しにする気かな
カワイソー

澤柳奈々より”

急展開に次ぐ急展開のくドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ・木曜夜10時〜)。9月10日放送の第10話では、とうとう宿敵“死神”が姿を現した。その正体は……門脇麦演じるDV被害妻・市村凜。お前かーい! と呆れるやら納得するやら。弱々しいチワワみたいなキャラから、一気にエキセントリックな殺人鬼として主導権を握った人妻は一体、何者なのか。最終回の前に、その人となりをおさらいしておこう。

半グレ集団に拉致された人妻として登場


北川景子演じる主人公・紗崎玲奈と、市村凜が初めて会ったのは、半グレ集団のアジト(第7話)。凜は、DVシェルターから連れ去られたDV被害者妻の一人だった。グレーの寝間着のようなワンピースを着て、おどおどした様子で玲奈を見つめていた。

何しろ、窪塚刑事(三浦貴大)は凜を助けようとしたところを、半グレ集団のリーダーに刺されて、亡くなっている。なんというはた迷惑! まさかの澤柳奈々トラップ。カラクリを知った上で「あの人に助けられるような価値があったんでしょうか」(第9話)というセリフを聞くと、印象がまるで違う。


「DV夫に追いかけられる人妻」として再登場


玲奈と凜はスマ・リサーチ社で再会した(第9話)。刃物を振り回すDV夫に追いかけられる凜を、伊根涼子(高山侑子)ら探偵課のメンバーが助け、オフィスに連れてきた。“死神”及びDV夫から凜を守るため、玲奈と琴葉は隠れ家を調達するが、かくまった相手こそが“死神”本人。まんまと凜の自作自演にダマされたというわけだ。

凜がすごいのは「DV夫と、その被害に遭っている妻」の関係は狂言ではないという点だ。夫は、本気で凜を追いかけているし、夫にとって澤柳奈々は情報提供者に過ぎない。“なんだか知らないけど、半グレ集団から連絡があって、澤柳という女が妻の情報をくれる”と心底信じている。妻と澤柳が同一人物だとは想像もしていなかった。


姉・彩音の“友だち”として琴葉を拉致


自殺をほのめかす姉・彩音(中村ゆり)からのメールを受取り、琴葉は慌てて隠れ家を出る。メールの位置情報をもとに、彩音を発見するが、どうも様子がおかしい。両手を広げて「胸に飛び込んできてよ、抱きついてよ」と強要。「玲奈なんかにダマされちゃダメ!」と言い出した揚げ句、「全部知ってるんだからね。全部、奈々が教えてくれたんだから!」。

琴葉の背後に近寄る影。正体はもちろん、澤柳奈々こと市川凜。彩音と協力して、琴葉に麻酔ガスを吸わせて連れ去る。ちなみに、「澤柳奈々」という名前は偽名。性同一障害で名前の変更を申し出ていた、本当の澤柳奈々(現・澤柳邦夫)から戸籍をかすめとっていたことも判明した。


無言で立ち尽くす白いワンピース


琴葉のメールから、澤柳奈々を名乗る人物からの不穏なメッセージが届き、玲奈はスマ・リサーチ社に向かう。オフィスに入ると「来ちゃ、ダメ! 玲奈さん逃げて」と琴葉が悲鳴を上げる。でも、時既に遅しで後頭部をドカッ。床に倒れ込んだ玲奈の前に姿を現したのは、白いワンピースを来た凜。黙って立っているだけなのに、隠れ家にいたときとは別人。さんざんおかしな言動を披露してきた彩音より、明らかにおかしい。マラソン大会のゴール直前でビリからトップまで一気に駆け抜ける勢いで、クレイジー選手権優勝。女優さんってすごい。


いよいよ、最終話では玲奈と“死神”が直接対決する。原作小説では琴葉たちが監禁された場所は品川の工業地帯。ドラマではスマ・リサーチ社のオフィスという違いは、話の顛末にどう影響を与えるのか。キレッキレの門脇麦に、北川景子がどう立ち向かうのか。今夜10時から!
(島影真奈美)

「探偵の探偵」レビューまとめはこちら