「振り込め詐欺検知システム」イメージ

写真拡大 (全2枚)

 ニフティは17日、振り込め詐欺検知システムの実証実験を、警視庁やアドバンスト・メディアらと協力して実施することを発表した。2015年10月〜2016年3月の6か月間、都内の一般家庭にて実験を行う。

 このシステムでは、通話内容を録音・テキスト化し、文章パターンを分析。振り込め詐欺で使われやすいキーワード(詐欺に関する単語や組み合わせ)を検知すると、電話を受けた本人・あらかじめ登録した家族に、警告を通知するというものだ。

 サービスアダプターを宅内のLANにつなぐだけで、セキュアなネットワーク(VPN)を構築できる、ニフティのネットワークサービス「スマートサーブ」を活用し、通話データをクラウド上に収集する。振り込め詐欺で使われやすいキーワードは警視庁・犯罪抑止対策本部が提供する。音声認識技術はアドバンスト・メディアが「AmiVoice Cloud」を提供する。

 都内在住の65歳以上の@nifty会員のうち、モニター協力賛同者が対象。今後は、今回の実証実験で得られた結果をもとに、検知の精度や通知タイミングなどの改善・改良を行ったうえで、正式サービスとして提供する予定。