写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パロアルトネットワークスは9月10日、最大200Gbpsのスループットを実現する大企業、通信事業者向け次世代ファイアウォールの最新版「PA-7080」の提供を開始した。

「PA-7080」は、従来型製品の抱えるセキュリティ、パフォーマンス、運用面での欠点や、サイロ化(他のシステムと連携せず孤立)しているセキュリティ構成の課題を解決するもので、パフォーマンスの拡張、ポリシーの自動化、セキュリティプラットフォームの調和を実現しつつ、巧妙化が進むサイバー攻撃を防ぐよう設計された。

ネットワーク、セキュリティ、コンテンツ検査、管理用におよそ700の特定機能向けプロセッサを備える。スループットは最大200Gbpsを確保でき、すべてのセキュリティ機能を有効にした場合でも100Gbpsのスループットを実現する。また、標準機能としてNEBS準拠、front-to-back(前面吸気背面排気)の冷却、AC/DC電源オプションを実装しているだけでなく、バーチャルワイヤー、L2とL3の各ネットワークをサポートし、シンプルな管理や簡略化されたライセンス体系、インテリジェントなトラフィック管理を組み合わせた高可用性モードも利用できる。

ほかにも、パフォーマンスやキャパシティの必要に応じて新規プロセッシングカードを追加でき、追加したカードには新しいコンピューティングリソースを自動で割り当てることが可能。さらに、脅威インテリジェンスクラウド「WildFire」、アドバンスドエンドポイントプロテクション「Traps」と連携して、ネットワーク、クラウド、端末を包括的に防御する。